浦和 vs G大阪レビュー/阿部勇樹という浦和のオトコ

浦和 4-0 G大阪(浦和:高木、武藤、宇賀神、ズラタン /G大阪:なし)

疑い深い私ですら「今年は違う」と期待してしまうような試合だった。浦和から見れば宿敵であり、幾度もこの終盤に浦和の前に立ちふさがってきた憎きガンバ大阪に大勝し、神戸に苦杯をなめた川崎に変わって年間首位に躍り出た。

今年一番の内容でガンバ大阪を圧倒する

これほどまでにガンバ大阪を完膚なきまでに叩きのめしたのっていつ以来だったろうか?優勝した2006シーズンですらこんなに圧勝した記憶は残っていない。恐らくは両者が強者となってから以降では、浦和がガンバをここまで圧倒したのは初めてではないだろうか。

今年一番のハイプレスがリズムを作り出した

私的には今年のベストゲームだ。今年一番安心して、なおかつ今年一番楽しく浦和のサッカーを見ることができた。もっとも評価すべきはそのプレッシングである。近年の浦和は中盤で奪われた後にすぐ奪い返す、ゲーゲンプレス的なハイプレッシャーを主たる守備戦術としている。このプレッシングはなかなかの諸刃の剣であり、機能している時は信じられないくらいに相手をハーフコートで圧倒するが、うまく攻略されると簡単に裏を取られてしまう。最近はどの試合でもそれなりに機能はするものの、裏をとられる悪癖は一試合に数度は見られ、ガンバのような試合巧者にはそこを突かれるのではないかという懸念が毎度つきまとう。

が、この日の浦和のプレスはガンバを圧倒した。ガンバの出来が悪く、退場者が出て途中から1人少なくなったことを差し引いても、浦和の運動量とボールへのアプローチはガンバのそれを凌駕し、どの局面でも勝利していた。ほとんど相手に何もさせることなく、相手を苛つかせ、逆にこちらは落ち着いて冷静にゴールをこじ開けた。いつもは浦和が焦り、いなされカウンターから失点していたが、昨年までとは完全に逆の立場であったかと。広島に勝ち、ガンバに勝ち、ついには川崎を抜き去った。残り3節+チャンピオンシップ。疑い深い私ですらぼちぼち今年の浦和には期待をし始めている。

 

阿部勇樹は浦和のオトコ

史上6人目のJ1通算500試合出場!

そして我が浦和レッズの不動のキャプテンである阿部勇樹選手がJリーグ出場500試合を達成した。史上6人目の記録であり、遠藤保仁を抜いて最年少での達成ということだ。阿部は途中でイングランドに移籍もしているので、この記録はより価値が高いと思う。ちなみに阿部勇樹以外にJ1・500試合出場を達成した選手は↓こちら。

  • 伊東輝悦(長野パルセイロ)
  • 楢崎正剛(名古屋グランパス)
  • 山田暢久(元浦和レッズ)
  • 中澤佑二(横浜Fマリノス)
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
  • 阿部勇樹(浦和レッズ)←NEW

 

浦和レッズのキャプテンとして3人目のレジェンドに!

ついつい忘れがちだが、阿部勇樹のキャリアのスタートはジェフ千葉である。THE WAYでも放送されたが、生粋の千葉っ子であり、2007年に移籍してくるまで浦和には縁もゆかりもない選手だった。その阿部の浦和在籍期間(9年)がいつのまにやらジェフの在籍期間(8年)を超えている。今やどこからどう見ても浦和のオトコであり、阿部勇樹=千葉のイメージは完全に払拭されたと言ってもいいだろう。その類まれなるサッカーセンスとバランス感覚を駆使して浦和の中盤に君臨する。幸か不幸か絶対的に替えの効かない選手だ。少しでも長く浦和のキャプテンとしてピッチに君臨して欲しいし、阿部主将の間にシャーレを掲げて欲しい。

post-2365

私は浦和レッズにはこれまで2人の選手が「レジェンド」と呼ばれる存在になったと思っている。一人目は初代Mr.レッズであり、日本人初の得点王としてJリーグ創世記の弱小レッズの唯一の希望だった福田正博。もう一人は初にして唯一のリーグタイトル時の主将であり、そのボリバレントっぷりで長らく埼スタのピッチに君臨した山田暢久だ。阿部勇樹がこのまま浦和レッズで選手生活を終えればこの二人に方を並べるだけのレジェンドとなるだろう。が、それはまだまだ先の話のはず。まずは活けるレジェンドとして悲願のタイトルを目指して欲しい。

 

 

 

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。