浦和の守備がいつもグズグズなのは選手や戦術の問題じゃない説

久々の浦和レッズレビュー投稿。今季2試合目のスタジアムでの生観戦は宿敵ガンバ大阪戦。浦和と同じく今季調子が出ていないガンバだが宮本監督になって盛り返しつつある。だから嫌な予感はしていた。

浦和の守備がグズグズなのは選手や戦術の問題じゃない説

ガンバのサッカーは質が高かったと思う。W杯出場、それもキャプテンを務めていた人物が監督を務めるとこうなるのかと。特に現役時代から知性を売りにしていた宮本恒靖氏である。安定した守備で浦和の攻撃を遮断し、見事と言える複数人による攻撃で浦和の守備網を切り裂いた。

ガンバの攻撃が良かったのは認めるが、、、浦和の守備がお粗末だったとも言えないだろうか?きっかけはミスによるものだし、ミシャ時代から続くエリア内でのバタバタっぷりたるや…。もう目も当てられない。複数人が連動するガンバの攻撃陣に全くついていくことができずにボールウォッチャーとなり行き当たりばったりのその場しのぎの守備となって最終的には完全に崩されて失点を重ねた。

ミシャ時代から戦術も人も変わっているのに…

繰り返しになるがミシャ時代から見続けてきている光景である。監督が代わって少し時間も経過した。槙野・那須・森脇と並んでいた守備は遠藤航CB時代を経由して、現在では槙野・マウリシオ・岩波という配置である。WBも関根・駒井のような攻撃的なドリブラーではなく、宇賀神・森脇のどちらかというとSB的な人選だ。これらの事実からもわかるようにミシャの時代からは戦術もメンバーも変わっている。オリベイラ監督は理想論者の前任とは異なり、鹿島を強者にしたような現実的な戦術を持ち込んでいると思っているのだが、浦和の守備のグズグズっぷりは変わっていない。

もはやそれはアイデンティティとも呼べるのかもしれない

私は浦和の守備のグズグズっぷりはもう「血」なんじゃないかって思っている。この日のガンバ戦の守備と、かつてラモスとビスマルクにチンチンにされたザル守備とが重なってならないのだ。3バックは浦和のアイデンティティだと思う。それと同時に守備のグズグズっぷりも浦和のアイデンティティなんじゃないかとすら感じるようになってきた。となると逆手にとってこの状況を少し整理できないか?そうだ、どうせ守れないんだから攻めろよと。獲られてもいいから獲りまくれよと。

獲られても獲りまくれのサッカーをするためには?

ミシャ監督はどちらかというと「獲られてもいいから獲りまくれ」思考だったと聞いている。ただ、人選がそれに追いついていなかった。かつてのエメルソン・トゥット・田中達也のような3トップだったり、かつてのワシントン・ポンテのホットラインだったりのような選手を集めなければ、J リーグにおける「獲られてもいいから獲りまくれ」は困難だろう。ミシャ時代にはこういった圧倒的な補強がなかった。個人的には個頼みのサッカーよりも組織的なサッカーの方が好みだが、グズグズがアイデンティティで、獲られてもいいから獲りまくれのサッカーをしなければ勝てないのであれば、そこは目をつぶるというか、そういう側面での補強・強化が必要のかもしれない。

遠いゴール…遠い興梠慎三…

そんなことはすぐにはできないだろうから、この日のガンバ戦の攻撃を現実的に見てみようかと。興梠と2列目の選手の距離感がものすごく遠く感じた。柏木はボランチの位置から攻撃を組み立てていたし、武藤はサイドに張り出す時間が長かった。長澤の位置は中途半端で興梠と連動の形は少ない。これだと興梠にパスが入っても簡単に囲まれてしまうし、うまくいったとしても攻撃は単発に終わり、そこに厚みは出にくい。柏木・長澤・武藤はもう少し興梠の近くでプレーできないのか?あるいはWBがもっと絞るとか。複数人が近い距離感で連動してたガンバの攻撃陣との差はそこだったのかなと。あれだけ人と人の距離が遠いと、ゴールも遠く感じてしまうんじゃないかなあ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。