仮面ライダードライブ TK03 仮面ライダードライブ タイプワイルド

息子が今一番ハマっているのが「仮面ライダードライブ」です。劇中でドライブはシフトカーというアイテムを変えることで、いくつかのタイプに再変身します。タイプスピード、タイプテクニックといろいろありますが、息子が一番好きなのがタイプワイルドです。今回は「仮面ライダードライブ タイプワイルド」のフィギュアを購入したのでレビューします。

post-451-0

 

いざ開封!

仮面ライダードライブの象徴である「タイヤ」はタイプワイルドの場合、右肩に装着されます。デフォルトのワイルド用のタイヤと、タイヤ交換用の「ランブルダンプ」のタイヤが付属しています。2つのタイヤを切り替えて劇中さながらの「タイヤ交換」遊びができますね!

post-451-1 post-451-2

 

仮面ライダードライブ タイプワイルド

まずはデフォルトの仮面ライダードライブタイプワイルドにしてみました。剣型の武器である「ハンドル剣」が付属しているので、右手にそれをもたせてみました。

post-451-3

子供用にシンプルな操作・組み立てで遊べるようになっているフィギュアですが、唯一手のひらを可動させる時のみやや細い作業が必要となる印象です。5歳の息子は武器を持たせる時のみ苦戦しているようでした。ちなににタイヤ部分はくるくると回すことができるようになっています。

post-451-4

 

「ランブルダンプ」にタイヤ交換!

「ランブルダンプ」にタイヤ交換してみました!デフォルトの黒を基調にしたドライブもかっこいいですが、「ランブルダンプ」も黄色がアクセントになってかっこいいですね。こちらもタイヤ部分をくるくる回すことができるようになっています。連動してドリルも回りました。

post-451-6

ドリル部分を外して武器として手に持たせることができるのですが、

post-451-7

 

手を下に下げるとドリルも↓こんな感じになってしまいます…。ドリルを持たせた時は手を下げないようにしないとカッコよくないですね!

post-451-8

 

子供用のフィギュアなので、アイテムの脱着等は簡単に作られている傾向でした。ただ、大人が鑑賞しても(ベルトなど)のディテールに目をつぶれば十分にカッコイイ作りにはなっていると思います。子供が飽きたら自分の部屋の「ガンダム」「エヴァ」と並べて飾ろうかと思っています!

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。