本番前に調整ジョギングする意味とは? ―10kmを50分で走るためのトレーニング 30日目―

10kmを50分で走るためのトレーニングの30日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

5km

 

スポンサーリンク

 

 

30日目のトレーニングメニュー:5km LSD(LongSlowDistance)

LSD(LongSlowDistance)とは
長い距離をゆっくり走る練習のこと。一定のスローペースを保って長時間走ることで有酸素運動の能力をアップさせることを目的としている。1分あたり7-8分と会話が出来るほどのゆっくりとしたスピードで長時間走るようにする。

本番はいよいよ今週末の10月18日の日曜日である。仕事の都合上、本番前に走れるのは今日が最後になりそう。まあ、いずれにしても週末に走ると身体に疲労が残ってしまいそうなので、そこは回避することを考えていたが…。というわけで本番前最後のジョギングメニューはLSDを選択した。1km=6分程度のペースで、いつもよりも短めの5kmを走った。木金土とあるので、今日の疲労は本番までは残らないとは思うが念には念をいれてメニューを軽めにしておく。本気で走って怪我をしてもいけないので。。。

最後のランの感想はというと、、、もうほぼ左足の裏の痛みは解消されたようだ。もちろん油断は禁物ではあるが「完治」と呼んでもいいくらいに痛みや違和感を感じなくなった。そして相変わらずランニングシューズの快適さがたまらない。もう以前の重たいシューズに戻ることが想像できないくらいに心を鷲掴みにされている。今年買って良かったものランキングの上位にランクインするかもしれない。軽めのペースで短めの距離を走ったということで特に負荷も感じずに走ることができた。気になる部位もなく現時点では問題なく本番に挑めそうである。ここから先は体調管理に気をつけるようにしよう。風邪はもちろん、歩いていて足をくじいいたなんてことがないよういつもよりも注意して歩こうかな…。

 

30日目の結果

  • 走った距離
    5.87km
  • タイム
    00:35:47
  • ラップ
    1.00 km 6:03 min/km 9.90 km/h 6:07 – –
    2.00 km 6:17 min/km 9.53 km/h 12:22 – –
    3.00 km 6:14 min/km 9.62 km/h 18:40 – –
    4.00 km 6:04 min/km 9.88 km/h 24:41 – –
    5.00 km 5:48 min/km 10.34 km/h 30:37 – –
    5.87 km 6:02 min/km 9.94 km/h 35:42 – –

 

本番前に調整ジョギングする意味とは?

よくアスリートが「本番前なので軽めの調整」なんて言うが、それの意味は正直良くわからない。まあ、疲労を残さないということなんでしょうが。ここで触れるのはあくまで私自身が本番前にどういった意図で「調整」をしたかということである。意図としてはやはり「疲労を残さないために」だ。だったら走んなきゃいいじゃん!と突っ込まれそうだが、完全に走らないとなるとそれはちょっと違うかなと。本番直前の自分のコンディションを確認しておくことは必要だ。どこか痛む箇所はないかとか、息が上がりやすくなっていないかとか。あるいは気候を感じておくことも大切かも。10月に入って気温の変化も激しいし。

マラソン大会直前の「調整」とは?

疲労を残さずに怪我をしない程度に軽く走り、自分のコンディションや気候を感じておくこと

だから全く走らないということではないのだと思う。でも本気で走って追い込んで本番に疲労を残したり、予期せぬ怪我に見舞われたりしたらそれは本意ではない。疲労を残さずに怪我をしない程度に軽く走り、自分のコンディションや気候を感じておく、ということが最後の「調整」の意味なのかと。少なくと私はそういった意図で今日は走った。幸い、特に問題は感じなかった。あとは風邪を引くことなくベストコンディションで本番を走れるよう注意して生活することにしよう。

 

 

スポンサーリンク