楽天カード+ApplePayの組み合わせがマジで最強すぎる件

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_s

10月末のiOSのアップデートにより日本国内においてもApplePayが使用できるようになりました。もともと私は電子マネー推進派であり、コンビニでの支払いにはPASMOを使用していました。そんな私にとっても今回のApplePay解禁は嬉しいニュースであり、早速試してみましたので感想をレポートしてみます!

スポンサーリンク

 

使えるのはSuicaばかりではない!

ApplePayリリースはいろいろなところでたくさんのニュースになっていますが、目を引くのはSuicaを使えるようになったということです。ですが、ApplePayで使えるのは決してSuicaだけではありません。もちろん他のクレジットカードでApplePayできることも報道はされてはいるものの、その扱いの小ささからApplePay=Suicaって思ってしまう人がいるんじゃないかなーって心配になりました。

私の通勤経路ではSuicaを使用しません。また、JR東日本から発行されているViewカード付きのSuicaでないとオートチャージもできないとのこと。もちろん駅の端末ではなく、iPhoneの中でチャージはできるもののその都度チャージするってのがなんだかスマートではないので、早々にApplePayでSuicaを使うのは諦めました。PASMOであれば考えたのですが、PASMO自体にはモバイル連携の機能がないので導入は当面現実的ではなさそうです。

楽天カードでApplePay

そこで私が選んだのは楽天カードです。イオンカードと迷ったのですが、ポイントの使いみちが多岐に渡るという理由から楽天カードにしました。そうです、楽天カードであればポイントが貯まり、そのポイントは楽天のあらゆるサービスで使うことができます。さらにキャンペーンも豊富でありポイントが稼ぎやすいこともメリットです。

  • カードの使用(ApplePay含む)でポイントが付く
  • 多彩なキャンペーンでポイントが貯まりやすい
  • 100円で1ポイント(イオンカードは200円で1ポイント)
  • ETCカードでもポイントがつく
  • 貯まったポイントは楽天のサービスで使うことができる
  • ポイントは対象の実店舗で使うことも可能

楽天カードのメリットはこんな感じですね。前述の通り、私は電子マネー推進派であり、かなりの頻度で使用しています。だからそれなりにポイントも貯まると思いましたので、そのポイントが貯まりやすく使いやすい楽天カードでApplePayすることに決めました。

 

いざApplePayを試してみた結果

申込みから10日程度で楽天カードができ自宅に郵送されてきました。早速、ApplePayで使ってみます。iPhoneでの読み込みは簡単です。ウォレットアプリを起動して、カメラでカードを読み取ると自動的にカード銘柄を認識し、ApplePayで使えるようになりました。

ApplePayの使い方

そしてApplePayを使ってみます。正直、使い方はイメージできなかったのでいろいろなサイトで調べました。コンビニで試したのですが、これがスムーズにいかないととてもかっこ悪いです。なので予習は時間をかけてしっかりやっていきました。

1.ホームボタンダブルクリックでApplePayを立ち上げておく

iPhoneスリープ状態でホームボタンをダブルクリック(タップ)するとウォレットアプリが起動します。そこで指紋認証をするとアクティブになります。レジでもたつくのはかっこ悪いので、並んでる時にダブルクリックしておくといいでしょう。

2.店員さんに「QUICPayで払います」と伝える(楽天カードの場合)

レジにいったらタイミングを見計らって店員さんに支払い方法を告げます。この時「ApplePayで」とは言わないように注意してください。ApplePayとはあくまでもiPhoneの機能の名称であり、支払い方法ではありません。楽天カードであればQUICPayが支払い方法になります。なので店員さんには「QUICPayで」伝えてください。そうするとレジをQUICPayモードにしてくれます。

3.iPhoneをカードリーダーにかざす

次にiPhoneをカードリーダーにかざします。緊張の瞬間ですね。カードをかざす時にホームボタンに指を当て続け指紋認証の状態にしておいてください。認証が外れると読み取りません。そんな場合はもう一度指紋認証すればいいのですが、もたついてしまうことになりスマートではありません。セブンイレブンやファミリーマート、イオンなどではこれで完了です。無事に読み取られると「QUICPay♪」と音が流れます。ケースをしたままでもスムーズに読み取ってくれました。が、ローソンのレジだけはこれで終わらず、4つ目以降の手順が必要となります。

4.レジのタッチパネルから支払い方法を選ぶ(ローソンのみ)

ローソンのみiPhoneをカードリーダーにかざすとタッチパネルで支払い方法の選択を迫られます。指でタッチする必要があるのですが、この時iPhoneはカードリーダーに指紋認証しながらかざし続ける必要があるのです。よってローソンでのApplePay使用時は両手を使える状態にしておく必要があります。これはとても重要です。ローソンのレジに片手で挑むときっと大変なことになりますのでご注意ください。

ApplePayを使ってみた感想

リリース前はそれほど期待していなかったのですがこれは素晴らしいですね。すごく手軽に電子マネーで決済することが可能です。使い方も直感的でシンプルだし、仮にiPhoneを拾われてしまっても指紋認証によって悪用されることをブロックできます。手軽に持ち運べるのにセキュリティはしっかりしているのも心強い限りです。

また、楽天カードと組み合わせると決済の度にポイントが貯まるというメリットが付加されます。これは電子マネー=ApplePayを使うことへの大きなモチベーションになりますね。使えば使うほどポイントが貯まり、ご褒美的に楽天でお買い物ができるので。使いすぎてしまわないかがやや心配ですが…。続々とApplePay対応のクレジットカードが出ていますし、今は未対応のPASMOやWAONの行く末も気になりますが、現時点の組み合わせとしてはApplePay+楽天カードの組み合わせが私的には最強だと思います。とても使い勝手が良いのでぜひお試しあれ。

RECOMMEND こちらの記事も人気です。