EASY REVIEW

ジョギングと写真とガジェットと。靴と鞄も少しだけ。

DIGITAL

神ツール降臨!!Sidecarを使ってiPad Pro 10.5でマルチディスプレイしてみた感想

久々の神ツール降臨じゃなかろうか。何がってiPad OS13で登場したSidecar機能のことである。これによってMacでの作業、およびiPadの使い方が劇的に変わることになる。今回はそんなお話。

Sidecarを使ってiPadでマルチディスプレイしてみた感想

IMG_1925

SidecarっていうのはiPadをMacのサブディスプレイとして使える機能のこと。写真のようにディスプレイを拡張することもできるし、ミラーリングさせることももちろん可能。いわゆる外部ディスプレイと同等の使い方に加えて、Apple Pencilを使ってペンタブのように使うこともできちゃう。詳しい使い方は公式や他の人のブログ・You Tubeにたくさん出ているのでここでは省くとして、お伝えしたいのはその使い勝手の良さである。

Duet Displayの比にならないくらいの抜群の安定感!

Sidecarを使うには同一のネットワークにおいてワイヤレスで接続する方法と、Lightningケーブルにて接続する方法の2種類がある。ワイヤレスの場合、Nuroでの接続であれば全く問題ない。ワンクリックで手持ちのiPadを外部ディスプレイ化することができる。正直コレ最強。ただ、ネットワークの太さによってはラグやカクツキが生じる。その場合はLightningケーブルで接続したほうが良い。ケーブルによる煩わしさはあるものの安定感は抜群である。

iPadを有効に使いたくて、以前サードパーティ製の‎「Duet Display」を使ったことがあるが、正直使いものにならなかった。環境に強く左右されてしまい、遅延やひどい時は接続自体が何度やってもされないという有様。その時のトラウマがあったためあまり期待していなかったが、いい意味で大きく裏切られた。SidecarであればノーストレスでのiPadのマルチプレイ化が可能である。さすがApple純正の機能。

Sidecarは外部作業時のマルチプレイ化を可能にする!

で、これによってiPadの使い方が劇的に変わることになった。MacBook Proを購入してからというものの、iPadは自宅において動画や電子書籍を楽しむツールに成り下がっていて、外出時も持ち出さなくなっていたのだが、Sidecarによって出先での作業時に必須となった。やっぱり作業する環境が広いのは正なのである。

以前、「ウルトラワイドモニターが欲しい!」と言っていたことがあるが、Sidecarによってその熱も冷めつつある。おかげでその熱はAirPods Proに移行し、有意義な(?)買い物ができそうだ。

 

スポンサーリンク

 

人気記事

1

今年の1月に購入したNORTH FACEシャトルデイパックはとっても気に入っている。ワタシが普段持ち歩いているアイテムがキレイに収まるし、大容量でプラスアルファも可能。そして何よりシルエットがカッコい ...

2

※この画像はイメージです。 ここ最近は怪我だらけ。特にひどかったのが左太もも裏の肉離れ、いわゆるハムストリングというやつだ。執筆当時で1ヶ月が経過し、ようやく痛みも引いてランニングに復帰できそうな段階 ...

3

超超超久しぶりのRedWingネタはなんと『【2018年版】夏にブーツを履くと暑苦しいのかを再検証してみた!』以来1年以上ぶりだって。スポーティーなファッションへの改造をしてみたりして服との相性的にR ...

-DIGITAL
-, , ,

Copyright© EASY REVIEW , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.