[iPad Pro]SmartKeyboardで使えるショートカットが便利だっていう話

IMG_0473

昨年(2017年)に購入したiPad Proの素晴らしさはこのブログでも何度も書かせていただいている。執筆時点でおよそ半年の時が経過したことになるが、そのヘビーな使いっぷりは衰えることを知らず、仕事に移動中にプライベートにと未だに大活躍している。

Smart KeybordがiPadをパソコンに近づけている!

iPad Proがこれだけ便利に使えているのはその周辺機器の素晴らしさが影響していると思う。ひとつはApplePencilであり、そのスマートな書き心地は紙に書くことすら凌ぐのではないかと感じるレベルだ。今日も仕事中にちょっとした図を書いて説明をしたいシチュエーションがあったが、メモ用紙や裏紙を探すことなくiPad+ApplePencilで事足りてしまった。我ながらなんともスマートな使い方だとちょっと嬉しかった。

そしてもうひとつが今回の主役Smart Keybordである。正直タブレットのソフトウェアキーボードの類は使いにくい。タイプがしづらい上に、画面の半分近くを埋めてしまうために視認性も犠牲にすることになる。そこで外付けのキーボードを使うのだが、このSmartKeybordの機能性が素晴らしい。まず、サードパーティ製の外付けキーボードとは異なりBluetooth接続ではなく、専用のコネクタでの物理的な接続であるため安定感が半端ない。機器間の認識不良なんてこれまで一度もない。安心して使い続けることが可能だ。また、カバーと一体化している点もポイントが高い。裏返しにもできるので、タブレットとしての使用とPCの代替機としての使用の2Wayでの使い方が可能なのである。そして極めつけがショートカットだ。

スマートに使えるSmart Keybordのショートカット5選!

ショートカットはハードウェアキーボードのアドバンテージである。ショートカットを使うことによって素早いタイピングや機能選択が可能となる。また、iPadの場合、基本的には画面タッチの操作になるのだが、キーボード使っていると手をそこから移動したくなくなる。そんな時にショートカットを使えばキーボード操作だけである程度完結させることができるのだ。

IMG_0472

Command+Tab:アプリを高速で切り替える!

私が一番重宝しているのは「Command+Tab」でのアプリ切り替えだ。最近使用したアプリを表示し、Tabキーで選択したアプリを起動することができる。ホームボタンのダブルクリックでも同じ主旨の操作が可能ではあるが、キーボードに手がある時はホームボタンまでの距離すらも惜しくなる。さらにiPadでは画面に表示できるアプリの数が限られているため、アプリ切り替えがスムーズにできることが作業のスピードに大きく影響する。欲を言うならば「最近のアプリ」ではなく「起動しているアプリ」にして欲しいけど。

Command+スペース:使いたいアプリをダイレクトに指定する!

iPadを開いていつも最初に使うショートカットが「Command+スペース」だ。Spotlight検索を呼び出すショートカットである。iPad端末内にインストールされているアプリや保存されている情報、さらには直接Google検索をすることもできる万能機能なのである。iPadを開く時には何らかのモチベーションがあるわけで、そのためには何らかのアプリを使用し、それを開くことが決まっている。ホーム画面から選択することもできるが、2枚目や3枚目やフォルダの中など深いところに置かれていることもあるし、何よりSmartKeyboardも開かれている状態であるので、アイコンタッチよりもスマートに操作ができるのである。

SafariでCommand+l:知りたいことを素早く検索!

そしてここからは私がもっとも使用しているアプリであろうSafari用のショートカットを2つほどご紹介。ひとつ目は「Command+l(エル)」キーだ。このショートカットではURLを選択することが可能だ。履歴と記憶に残っているURLであればそこからURLを直接指定することが可能だ。さらにはURL窓でのフリーテキスト入力でGoogle検索が可能だ。前述のSpotlightでもできるものの、Safariを開いている状態で次の調べ物をしたい、というケースも頻繁にある。そんな時にSafari内で素早く検索ができるこのショートカットを使うとスムーズだ。

Safariで(Shift+)スペース:タッチすることなく画面をスクロール!

Safariからもう一つは「スペース」キー、もしくは「Shift+スペース」だ。何ができるショートカットかというと、ブラウザをスクロールアップ&スクロールダウンすることができる。マウスやトラックパッドのないiPadではスクロールをしたい時はフリックにて操作する。もはやスマホ・タブレットの代名詞的な操作であるフリックだが、SmartKeyboardを使用時はやや煩わしい。手を画面に伸ばしてフリックし続けているとても疲れてくるし、何よりスマートではない。tこのショートカットによって手の移動距離を少なくしてのブラウジングが可能なのである。

Shift+矢印キー:iOS最大の弱点文字選択をスムーズに!

最後はショートカットではないけど、キーボード操作の利点をおまけとして。私は私はiOSの最大の弱点は「文字選択のしにくさ」だと思っている。以下のようにiPadでの文字選択はやりづらくいつもイライラしてしまう。

  1. 長押し
  2. 選択範囲を表示
  3. 指でドラッグして選択範囲を広げるor狭める

この手順で文字を選択するわけでが、文字=テキストは小さくて選択しにくいケースが多い。また、マークアップの癖によっては意図しないところを選択してしまったりもして非常にイライラするのだ。矢印キーでカーソルを移動させて選択ができるAndroidに唯一劣っている機能かもしれない。そう、PCやAndroidのようにカーソル的なものを動かして選択できることが細かい文字選択に関しては望ましい。

SmartKeyboordを始めとした物理キーボードであればカーソルをキーボードの矢印キーで移動させて、さらにはShiftキーも使って文字をストレスなく選択することができる。見事にiOSの弱点を補完できている。

 

と、おまけを入れて5つほど紹介してみた。もちろんiPadはタブレットなので、キーボードを使わないタッチ操作の方がそのメリットを活かせるってケースも少なからずあると思う。が、そんなiPadでハードウェアキーボードの機能を使えたらまた武器が増えてさらに使い勝手が向上するというお話。SmartKeyboardとショートカット、オススメです!

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。