EASY REVIEW

ジョギングと写真とガジェットと。靴と鞄も少しだけ。

CAMERA

日本最大のテーマパーク ハウステンボスの夜景写真撮ってみた!その②[カッコいい写真を撮りたい 84枚目]

日本最大のテーマパークであるハウステンボスの夜景写真その②。その①では展望台である「ドムトールン」からの俯瞰夜景をご紹介したが、今回は地上目線からのハウステンボスの夜景写真。

日本最大のテーマパーク ハウステンボスの夜景写真撮ってみた!その①[カッコいい写真を撮りたい 83枚目]

2泊3日で長崎旅行に行ってきた。国内で唯一足を踏み入れたことがなかった九州の地に生まれて始めて上陸した。その長崎旅行における滞在時間の大半を締めたのが日本最大のテーマパークであるハウステンボスである。 ...

続きを見る

あらゆるアトラクションがライトアップされていてどこも見どころがあったが、やっぱり一番だったのはこれ↓。

IMG_0306-2

2019年10月5日からスタートしている「白銀の世界」から1枚。本来はお城がメインだとはそれだとあまりおもしろくないし、奥行き感も出したかったのでこんな感じに。ローアングルにすることで石畳も写りヨーロッパ感も少し出たかな。

IMG_0302-2

これはハウステンボス内のホテルかな。黄金に輝くその姿はもちろんのこと、水面に映るリフレクションに目を奪われた。大好きなスローシャッターで撮影してみた。ホテル自体がかなり明るかったのでやや露出オーバーになってしまったのが残念…。

IMG_0296-2

最後は芝生を覆ったライトそのものにフォーカス。俯瞰では撮らずにローアングルで撮影してみる。フォーカスを奥に当てて手前をぼかしたのは配線をあまり見せたくなかったから。青のライトが敷き詰められてる様が表現できたかなと。

他にも撮りたいところはたくさんあったけど、子供たちへのお付き合いもあったので残念ながらこの旅行ではここまで。それにしてもやっぱりOLYMPUS OM-D E-M10の機動力はこういった旅行では非常に重宝する。Canon EOS60Dなどのデカいデジイチは持っていくのに決心がいるけれども、OLYMPUS OM-D E-M10であればバッグのポケットに入れて気軽に持ち運ぶことができる。荷物が増えがちな子連れの旅行ではとても役に立つカメラだと思う。

撮影:OLYMPUS OM-D E-M10 MARKⅡ
Exif(上):F値:13 シャッタースピード:22 ISO感度:100
Exif(中):F値:13 シャッタースピード:25 ISO感度:100
Exif(下):F値:5.6 シャッタースピード:1/10 ISO感度:800
現像:iOS版 AdobeLightroom

 

スポンサーリンク

 

 

人気記事

1

今年の1月に購入したNORTH FACEシャトルデイパックはとっても気に入っている。ワタシが普段持ち歩いているアイテムがキレイに収まるし、大容量でプラスアルファも可能。そして何よりシルエットがカッコい ...

2

※この画像はイメージです。 ここ最近は怪我だらけ。特にひどかったのが左太もも裏の肉離れ、いわゆるハムストリングというやつだ。執筆当時で1ヶ月が経過し、ようやく痛みも引いてランニングに復帰できそうな段階 ...

3

超超超久しぶりのRedWingネタはなんと『【2018年版】夏にブーツを履くと暑苦しいのかを再検証してみた!』以来1年以上ぶりだって。スポーティーなファッションへの改造をしてみたりして服との相性的にR ...

-CAMERA
-,

Copyright© EASY REVIEW , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.