カッコいい写真を撮りたい ―25枚目/かいしんのいちげき

写真の上達を目指して毎週一枚、その週にCanonのデジタル一眼レフカメラEOS 60Dで撮影した写真をあげていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

タイトル「かいしんのいちげき」

IMG_0059
  • タイトル:かいしんのいちげき
  • カメラ:Canon EOS 60D
  • レンズ:18-200mm TAMRON
  • f値:6.3
  • シャッタースピード:1/640
  • ISO感度:6400
  • ホワイトバランス:マニュアル
  • 露出補正:0EV

近所の体育館で空手大会がやっていたのでカメラを持って行ってきました。大人から幼児までがそれぞれのカテゴリ毎に戦い勝者を決めるという大会でした。正直、細かいルールはよくわからなかったのですが、みな真剣に日頃の練習の成果を出そうと頑張っているのはわかりました。私は息子と同じくらいの世代の幼児のカテゴリを見ていたのですが、彼らなりに一生懸命やっていて、中には負けて泣いてしまっている子もいました。

幼児だからといってあなどるなかれ、きっちりと相手に向かって正拳や蹴りを繰り出していました。ただ、もう少し大きな子たちに比べると「もみ合い」になってしまうことも多く、なかなかいい瞬間を捉えることができません。粘りに粘って回し蹴りを決めている一瞬をパシャり。白熱した戦いの様子をコントラスト強めの白黒で表現してみました。

体育館での大会だったため、照明がそれほど明るくなかったです。さらに私は2階席から望遠レンズで狙ったため、絶対的に明るさが足りませんでした。ISO感度を最大の6400にしても足りず、本当はシャッタースピードを1/1000以上にはしたかったのですが、泣く泣く1/640での撮影となってしまいました。やはりスピードが追いつかずに蹴りの瞬間も足先がぶれてしまっています。粘って狙い通りの瞬間を収めることができただけに悔やまれます…。

こういうシチュエーションでは望遠でも明るいレンズとか、もっとISOの数値が高い最新のカメラとかで撮影しなければいけないんですかね?EOS 60Dと手持ちのレンズだけでは無理なのかなあ。ちょっと調べてみよう。

 

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。