deuter(ドイター)のバックパック2種から最終選定! ―バックパック購入計画―

前回のエントリーにてロードバイク用のバックパックはdeuter(ドイター)製のものを購入することに決定した。が、このdeuterラインナップがやたらたくさんあり迷ってしまう。嬉しい悩みだ。さらにバックパックは実際に背負ってみたかったので、通販ではなく実店舗に出向いて購入することを決意した。

deuter

 

スポンサーリンク

 

 

お目当の自転車用バックパックを発見!

出向いたのは近所のショッピングモールに入っているアウトドアに特化したスポーツショップ「ICI石井スポーツ」だ。入店してバックパックコーナーに向かう。あるわあるわのアウトドア用のバックパックたち!その中から事前に調査していったdeuterのロゴを発見する。いくつか種類が置いてあったが、タグに「自転車マーク」が書いてあったので苦労せずに自転車用であることを判別することができた。見た目も優秀な自転車用バックが一つ見つかった。

予算は1万円くらいで考えていたので、ちょっとオーバーしている。が、見た目は十分にかっこいい。私が欲しかった機能である外側下部でのセパレート機能を搭載していた。しかしその横の別のバックパックがなぜかすごく気になってしまたった。

全然自転車用ではないのだが、すごくすごく気になった。はっきり言ってただの直感である。トランスアルパインでも十分なかっこよさではあるのだが、スパイダーは言葉では説明できないそれ以上のかっこよさを感じたのだろう。

 

トランスアルパインか?スパイダーか?

せっかく実店舗まで来ているのだから、いろいろと見て試して検討してみようじゃないかと。実物×2種を手に取り嫁さんにも手伝ってもらいながら試してみた。ちなみにこの頃息子は飽きてしまって大騒ぎ・・・。

背負ってみる

まずは背負ってみた。実店舗まできたメインの目的はこれだ。自転車用のバックパックの背負い心地はいかほどなものかと。スパイダーも背負ってみたが、正直私的にはそこまでの差を感じなかった。実際にロードバイクに乗って背負ってみれたわけではないので、難しいところではあるが、スパイダーでもあまり差はないような気がした。それよりもとにかくどちらも体にフィットすることに驚いた。これがアウトドア系のバックパックの実力かと。ふたつともドイター エアストライプ システムという機能を搭載しているらしい。

ドイター エアストライプ システム(ディパック)
3Dエアメッシュカバー付きショルダーストラップ 体の曲線に合わせたS形により、高いフィット感が得られます。リムーバブル ウエストベルト 取り外し可能なウエストベルトです。積層構造のフォームが荷重のバランスを整えます。2本並んだ曲線的なフォームの間をチムニー(煙突)効果により熱気は上方に排出されます。

この機能に私はビビった。またそれは別の機会に書かせていただくが、人生でも上位に入るくらいの驚きだった。というわけでトランスアルパインだろうがスパイダーだろうが今使っているリュックに比べれば確実に快適になるということはよくわかった。どちらも優秀ということでドロー。

どれくらいの容量かをみてみる

そして次にバックパックで重要な容量面だ。私はこのバックパックでできれば1泊程度の旅行にも行きたいと思っている。なのでそれ相応の荷物が入る必要がある。トランスアルパイン、スパイダーともに25L/30Lがラインナップされていた。まずは25Lから試す。この日は少し大きめのウェストバックを背負ってきていた。財布、ハンドタオル、500mlペットボトルが入るくらいのバックだ。それを25Lのバックパックに突っ込んでみる。それだけで埋まってしまった印象。対して30Lは余裕がまだまだあった。5Lでこんなに差があるのかと。というわけで、容量については30Lに決めた。

機能面から考える

機能面は事前に調査していった通り、トランスアルパインは自転車用なので、体にフィットしやすい工夫がされているし、レインカバーやヘルメットホルダーも搭載されている。対してスパイダーは自転車用のバックではないので、レインカバーやヘルメットホルダーはついていない。が、前述の通りフィット感はどちらも大差なし。機能面では自転車用に充実しているトランスアルパインに軍配が上がった。

最後は結局値段の勝負

こうなると最終的には値段での勝負となる。どちらも素晴らしいバックパックであり、甲乙がつけ難いということだ。自転車用の機能が充実しているトランスアルパインに分があるが、コストパフォーマンスはいかほどなのか。30Lの比較だと、トランスアルパイン=15,000円、スパイダー=10,000円だった。なんと!5,000円も差がある!そりゃ5,000円も違えば機能的にも充実するわな、と妙に納得。冒頭申し上げた通り予算は1万円だ。5,000円を上乗せするだけの価値のある機能なのだろうか。ちなみに25Lに落としても3,000円の開きがあった。

 

購入するバックパックはdeuter スパイダーに決定!

最終的に選んだのはdeuterのスパイダーだった。理由としては、、、↓のような感じだ。

  • 背負い心地が素晴らしかったこと
  • トランスアルパインの自転車用の背負い心地にメリットを感じなかった
  • 雨の日には乗らないからレインカバーはいらない
  • ヘルメットは自転車に括るからヘルメットホルダーはいらない
  • 価格が予算内であること

結局のところ、実物を見てみたらそこまで自転車に特化している必要はなかったということだ。あれだけ事前に調査したのにもったいないが、まあものを買う時ってこういうことはよくあると思う。でも正直最後まで迷った。実は上記の理由は後付けのところもあり、決めきれずに最後は背負ってみて「似合う方」を嫁と息子に選んでもらって決めたというのがホントのところ。それだけ今回は接戦だった。deuterに巡り合ったのもきっかけは「ロードバイク バックパック」でググったことがきっかけだったので、今回の購入計画も決して無駄ではなかった(と思う)。次回は実際に購入したdeuter スパイダー30をレビューする。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。