MacBook Air 13インチ 2015モデル [整備済製品]をレビュー!!

以前より今使っているMacBook Air 11インチ 2011をぼちぼち買い換えたいと思っており、先日ついにとうとう念願のMacBook Air 13インチを手に入れた。しかもこちらの記事でご紹介したように整備済製品でおよそ\20,000ほどお得にゲットすることができた。今回はゲットしたMacBook Air 13インチ[整備済製品]をレビューする。

IMG_0235

 

スポンサーリンク

 

 

新品での購入と遜色ない見事な梱包!

整備済製品とは?とか、整備済製品購入までの流れはこちらの記事をご参照いただきたい。今回はMacBook Airが自宅に届いたところからレビューしていく。私はApple製品は原則実店舗で購入することにしている。アップルストアのビニール袋を入手したいためだ。が、今回は整備済製品ということでオンラインストアにしか取り扱いがないため、はじめてAppleのオンラインストアでMacを購入した。

購入ボタンクリックの翌々日に自宅に到着

IMG_4196

購入から翌々日に自宅にMacBook Airが届いた。正直もっとかかると思っていたのでこれは意外だった。キレイなダンボールに入れられており、一部のネット情報によると、整備済製品は新品のようなMacBook Airの箱には入っておらず、ダンボールにパーツがそのまま入っていると書かれていた。なのでこのダンボールを開封するとMacBook Airにお目にかかれると思い勢いよく開封した。

IMG_4197

すると中から出てきたのはまるで新品のようなMacBook Airだった!てっきり箱には入っていないと思っていたので、これには驚かされた。しかもきっちりフィルムラッピングまでされている。もうほぼほぼ新品状態である。返品時の状態によって箱ありor箱なしになるということだろうか?だとしたら私は非常に幸運だったということになる。

IMG_4199

そしてフィルムラッピングを剥がし、いよいよ開封の儀へと進む。するとこれまた新品同様の見事な梱包状態!一度出してしまったら二度と同じようには入れられないくらいに無駄なスペースが一切ない完璧な梱包である。このあたりにもAppleの強いこだわりを感じる。というわけでここまでは整備済製品であるということは一切感じなかった。

 

MacBook Air本体にもまるで問題なし!

そしていよいよMacBook Air本体を手にする。一度封を開けられたことを微塵も感じさせない美しい状態だった。まあ、私はあまり細かい性格ではないので、ちゃんとした方が見たらもしかしたら傷があったのかもしれないが、少なくとも私の目では発見することができなかった。

IMG_4198

 

バックアップから復元もうまくいかず…

続いて電源を押して起動してみる。ガイダンスに沿って進んでいき、この日のためにTimeMachineで旧MacBook Airから取っておいたバックアップからの復元を試みた。が、、、昨日とったはずのバックアップがそこにはなかった…。何度もやり直したがどうやっても2013年の状態になってしまう。泣く泣くバックアップからの復元は諦め、Wi-Fi経由で旧MacBook Airから直接データを移行した。Wi-Fi経由なので時間がかかってしまったが、朝起きたら見事にデータが移行されていた。それほど難しい作業ではなく、ディスクユーティリティからスムーズに移行することができた。最初からこの方法にしていたら時間をロスすることもなかったのに…。

 

MacBook Air 13インチにしてよかったこと

13インチディスプレイの見やすさ!

そしてMacBook Air 13インチにしてよかったこと、まずは13インチディスプレイの見やすさである。ディスプレイが大きくなったので、重量が増えてしまったがそこを犠牲にしても有り余る見やすさを手にしたと思う。11インチ時代はディスプレイを覗き込むようにして姿勢が悪くなっていたと実感。まあ、機動性なら断然11インチなのですが…。

バッテリーの持続時間!

そして次にバッテリーの持続時間だ。5年使ったMacとほぼ新品のMacとの比較はフェアではないが、それでもここ最近はいかにバッテリーが持たないことがストレスになっていたかがわかる。13インチにしてその減り具合は目に見えてゆっくりになっているのに、未だにこまめに充電しようとしてしまっている…。これにはぼちぼち慣れていくことにしよう。

IMG_0232

他にもSDカードスロットルとかEl Capitanの機能とか、今後使っていくにつれて「よかった」と思える点はもっと出てくるはずだ。逆に13インチにして後悔したことは、、、持ち運びが少し手間になったかな。やっぱり大きくて重たいし。ダイニングテーブルに置いた時の存在感は11インチと比較すると大きいので、ご飯を食べる時は少し邪魔に感じたりもする。が、悪い点はそれくらいであり、正直整備済製品であることの実感は今のところまったく感じていない。それでいて\20,000ほどリーズナブルであるのでかなりお得した気分である。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。