iPhone7をオンライン予約しても発売日に入手できないのに店頭には商品が並んでいる不思議

2年に一回のお祭りだと私は思っています。機能やデザインに魅力を感じたか否かではなく、Appleが主催するこの盛大なお祭りに乗っかることが目的なので。だからこの2016もiPhone7を購入することを早々に決意しました。

o

 

スポンサーリンク

 

予約開始の1時間後にオンライン予約に成功!

せっかく購入するからにはできるだけ手元にiPhone7が欲しいものです。とはいえ、発売当日は仕事を休むことができないので、店舗にできる行列に並ぶことはできません。仕事終わりか翌日の休日に店舗に出向くことはできますが、そなると希望の機種は売り切れている可能性が生じます。やっぱり確実にゲットするためには予約するしかないのです。2016年の9月9日(金)16時01分がiPhone7の予約開始日時だったのですが、あいにくこの日も仕事を休むことはできませんので、店頭での予約は不可です。サラリーマンにできるのはオンラインでの予約です。予約が開始されたらほんの少しだけ業務を離れてスマホサイトでオンライン予約をしようと考えました。が、残念なことに16時〜大切なMTGが入っていたため、私がオンライン予約を完了できたのは予約開始からおよそ1時間後の17時09分でした。

そしてなぜか店頭での受取を希望しました。特に深い意味はありません。宅配で自宅に届くか店舗に届くかの違いだと思いますし、料金プランについても見直したいと思っていたから店舗のほうが都合が良いと考えたのです。その日のうちに指定した店舗から電話をいただき、無事に予約ができた旨を伝えられました。予約開始直後とはいきませんでしたが、1時間程度の遅れなのでそんなに遅くはないかと考えていました。

 

予約者が発売開始に商品をゲットできないジレンマ

そしていよいよ2016年9月16日のiPhone7発売日を迎えます。正直、近頃は激務であるためこの日が発売日であることを当日まで気づきませんでした。ということは当日まで予約したiPhone7受取の連絡がなかったとうことです。発売開始して入荷してからな連絡かな?なんて呑気なことを考えながらも一向に店舗からの連絡はありませんでした。SNSなどで情報を収集したところ、同じような状況の人は多く、さらにはオンライン→自宅配送の人も手元には届いていないようでした。中には16時台前半の予約組も発売日当日の入手ができていないようでした。

予約してもゲットできないのに店頭には商品が並んでいる不思議

そしてさらに驚愕の情報が!なんと予約組の大半が商品を受け取れていないのにも関わらず、フラッと店舗に出向けば予約なしでも購入することが可能だということです。特にiPhone7(Plusじゃない方)の在庫は潤沢であり、ジェットブラック以外のカラーであれば、余裕で入手が可能ということでした。なんということでしょうか?これって予約した人が後回しっていうことにならないんですかね?まあ、都会のある程度名前の通った店舗の特別なお話だろうと自分に言い聞かせ、発売当日は特に動かずに翌日店舗からの連絡があることお信じて帰路につきました。

が、翌日になっても待てど暮せど入荷の連絡はありません。SNSを追うと予約なしでも量販店でゲットしたという報告がバンバン目に入ってきます。夕方まで信じて待ちましたが、いい加減しびれを切らし、近所のヤマダ電機に足を運びました。「もう夕方だし在庫はないだろうな」「こんなことなら朝から動けばよかった」と後悔し、半ばあきらめ不発ならコンデジでも見て帰ろう、と思いSoftBankのお兄さんに声をかけました。すると、、、「ジェットブラック以外なら全機種あります!」ですって・・・。都会の名のある店舗だけではなく、こんな片田舎のヤマダ電機にも在庫は潤沢です。にも関わらず予約した商品の入荷連絡はありません。アホらしくなりましたがせっかくなのでヤマダ電気でiPhone7 ブラック 32GBをゲットしました。発売日翌日の18時頃でした。ちなみに担当してくれたお兄さんの話だとiPhone Plusは機種・カラー限らず一台も入荷がなかったとのことです。Plusを狙っていたらやっぱり予約入荷を待つしかなかったかな。このAppleの商売の仕方にはいろいろと思うことはありますが、とりあえず念願の小さいiPhoneを早々にゲットできて良かったです!

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。