スローシャッターで海面を滑らかに撮る! ―カッコいい写真を撮りたい 58枚目―

  • タイトル:静かな海
  • カメラ:RICOH GR
  • レンズ:-
  • f値:9
  • シャッタースピード:9
  • ISO感度:100
  • ホワイトバランス:マニュアル
  • 露出補正:0EV

スポンサーリンク

 

三脚なしでのスローシャッター撮影!

久しぶりのカッコいい写真シリーズです!少し前ですが、今年の元旦に撮影した写真です。本当は初日の出を撮りに行きたかったのですが、諸事情があって断念せざるを得ませんでした。それでもせっかく前日までによさそうなスポットを調査していたので、時間が空いた夕方〜夜にかけて撮影に立ち寄りました。今回の撮影スポットはお台場がいい感じに撮影できると評判の「芝浦南ふ頭公園」です。レインボーブリッジの真下に位置するこの公園からはお台場が対面にくるため絶好の撮影スポットです。残念ながら私が行った夕方は太陽が逆方向に沈むため、夕焼け等の写真は撮れませんでしたが、朝日を撮影するには最高のポイントでしょうね。お台場と太陽のコラボレーションなので想像しただけでもワクワクします。都内屈指の初日の出スポットというのも頷けます。

前述の通り、夕焼けは難しそうだったので、少し待って夜景にチャレンジしてみました。せっかくレインボーブリッジの真下にいるのでその「真下感」が出るような構図としました。そしてスローシャッターで対岸のビルの光がキレイに映るように設定します。ところが!この日は別の用事から急遽時間ができて立ち寄ったため三脚の用意がありませんでした。となると夜景を撮るためのスローシャッターでの撮影が難しいのですが、海への転落防止用の柵が平らだったので、RICOH GRをそこに置いて撮影してみました。スローシャッターによる手ブレは許容範囲と呼べる程度まで抑えることができたのですが、いかんせん構図が気に入りません。海と空の割合を半分にして、中央のレインボーブリッジブリッジとキレイな2分割構図にしたかったのですが、柵の角度的にどうしても海の割合が狭くなってしまいます…。

当たり前ですが、柵の角度は変えることができないのでカバンをあさり何か使えないかを探してみました。選択したのは硬貨(100円玉)です。柵の上に置いた硬貨の上にGRの前方を乗せてレンズがやや上を向くようにしてみました。硬貨×1枚だと角度が緩やかだったので2枚重ねるとイメージ通りの角度・構図とすることができました!スローシャッター効果で海面の波がなめらかな状態になって元旦夕方の「静かな海」を表現することができました。

不安定な硬貨の上にカメラを置いたので、海に落下しないかが怖かったです。寒さで手は悴んでたし。絶対ににストラップを離さないように用心しました。やっぱりスローシャッター時には三脚が必須ですね。よく見るとビルの灯りがブレてるし…。それにしても私的には「芝浦南ふ頭公園」とても気に入りました。来年はぜひ初日の出を撮りに来たいです。

 

これまでに撮った写真はこちら↓

 

写真のブログはじめました!↓

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。