EASY REVIEW

ジョギングと写真とガジェットと。靴と鞄も少しだけ。

RUN

バンドなんていらなかった!JINSのスポーツメガネをジョギングで使ってみた!

IMG_0183

ジョギング用のメガネが欲しくなってZoffとJINSで迷いに迷い、結局JINSのスポーツメガネを購入したのが今年のはじめのことだった。あれからおよそ2ヶ月が経ち、その間のジョギングで使ってきたのでこの辺でレビューしてみることする。

スポンサーリンク

JINS Air frame SPORTSのいいところ3つ

私が購入したのはJINS Air frame SPORTSというメガネである。JINSが誇るスポーツ用のメガネであるようだ。正直、メガネでジョギングする時にバンド等で固定しなければ揺れたりしてそれなりにストレスがかかるのではないかと考えていた。実際にJINS Air frame SPORTSでジョギングしてみた結果はいかに?

ジョギング用のスポーティーなメガネをZoffではなくてJINSで買ったのはなぜ??

ジョギングをするようになってから丸2年が経過したが、視力の悪い私は雨の日以外はメガネを装着して走るようにしている。使い捨てのコンタクトを消費するのがもったいないのと、走る前にわざわざメガネからコンタク ...

続きを見る

メガネに関しても軽いことは正義である!

私はこのブログで自転車について「軽いは正義」であるとよく口にしている。自転車=ロードバイクに乗る上で、軽いということはいろいろなところにメリットを生むということだ。この「軽いは正義」はジョギング用のメガネにも当てはまると感じた。JINS Air frame SPORTSはとても軽い。いや普通のメガネに比べてなのだが、びっくりするくらいに軽かった。だから走行中にも感じるストレスは少ない。重たいメガネをバンドで固定している状態の方がよほど走りにくい。

絶妙なフィット感でズレたり揺れたりすることがほとんどない!

走行時のストレスを感じにくくなるというのは軽さだけが原因ではない。いくら軽くても走る振動の度にメガネが揺れたりズレたりしていたら、それは当然ストレスになる。これまで私が使っていたメガネだとバンドがない状態では揺れたりズレたりが生じていた。それは私がある程度のスピードでジョギングをしていることが原因だろう。まあ、毎回ではないし1km=4分台と平凡なスピードだが、私にとってはそれなりのスピードなのである。同じスピードで走っているにも関わらず、JINS Air frame SPORTSではズレたり揺れたりがほとんどない。

IMG_0184

ひとつは「軽さ」が理由だろう。それほどの重量がないために揺れが少なくて済む。もう一つはフレームや鼻あての形状も関係がありそうだ。特に鼻あてはスポッと鼻を覆うことで絶妙のフィット感を出しているように感じる。この2つの理由によってそれなりのスピードで走っても揺れずにズレずにという状態を保つことができるのだ。

メガネバンドのストレスから解放される!

そして3つめはメガネバンドが不要になったという事実。私はこれまでスポーツ用のメガネではなく、↓のようなバンドを使ってごくごく普通に生活する際の重たくて走ることには適していないメガネを使ってきた。

メガネでジョギングする時の必須アイテム「SPALDINGスポーツバンド」

私はジョギングをする時はメガネのまま走ることにしている。運動用の使い捨てコンタクトはストックしてあるのだが、週に2回のジョギングで使うとなると頻度が高く消費が嵩むし、ボディコンタクトのないジョギングで ...

続きを見る

前述したようにその重さゆえに揺れるしズレるし、汗をかいた時などは落下の危険すら生じる。そこでメガネバンドを使っていたのだが、まず見た目が野暮ったいし、走る前に毎回バンドを締めるのが面倒だった、キャップに引っかかったりもするし。更には信号待ち等で目の付近の汗を拭おうにもバンドを外すのが手間となってしまうためためらいがちだった。というかほとんどその箇所の汗を拭うようなことはしてこなかったと思う。それらのストレスから一挙に開放されたということはJINS Air frame SPORTSの最大のアドバンテージと言っても過言ではない。

ジョギング用のメガネをJINS Air frame SPORTSに変えた結果

正直言って、ジョギングを開始して約2年。度重なる怪我や体調不良と、それらが引き起こしたタイムの停滞によってジョギングに対してのモチベーションは大きく下がっていた。ロードバイクやカメラなどの他の趣味に心が動いてしまっていたのも事実である。が、このJINS Air frame SPORTS、さらには別途購入したAppleWatchによって、ジョギング時の煩わしさやストレスが軽減し走ることがまた楽しくなってきている。それによって走る頻度が増え(元に戻り)タイムも安定してきてまた楽しくなるという好循環。今ならまたマラソン大会にも出れるかなーとジョギングを始めた頃のモチベーションが蘇りつつある。走るってことはどうやったって苦しい行為であることは事実なので、それをするために煩わしさや面倒くささの要素はあらかじめ排除しておくことも継続するためには必要なのかもしれない。ジョギング用のメガネをJINS Air frame SPORTSに変えたらそんなことを考えた。

 

スポンサーリンク

 

人気記事

1

今年の1月に購入したNORTH FACEシャトルデイパックはとっても気に入っている。ワタシが普段持ち歩いているアイテムがキレイに収まるし、大容量でプラスアルファも可能。そして何よりシルエットがカッコい ...

2

※この画像はイメージです。 ここ最近は怪我だらけ。特にひどかったのが左太もも裏の肉離れ、いわゆるハムストリングというやつだ。執筆当時で1ヶ月が経過し、ようやく痛みも引いてランニングに復帰できそうな段階 ...

3

超超超久しぶりのRedWingネタはなんと『【2018年版】夏にブーツを履くと暑苦しいのかを再検証してみた!』以来1年以上ぶりだって。スポーティーなファッションへの改造をしてみたりして服との相性的にR ...

-RUN
-,

Copyright© EASY REVIEW , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.