ロードバイク(iWant R-1)でのお尻の痛み軽減大作戦 ーサドルカバー編ー

前回のエントリーにて初めてのロードバイク:Momentum iWant R-1による10kmオーバーの走行を果たしたことをお伝えした。そこで大きな問題となったのが「お尻の痛さ」である。何もしなければ乗っていられないくらいの激痛であったため、いくつかの対策を施すことに決めた。今回から数回に分けてその対策と効果をレポートしていくことにする。

 

スポンサーリンク

 

 

UNICO UNICO Dr.Air エアーサドルカバー ヘクトパスカル

初回の今回は「お尻の痛み」に対しての定番というか、真っ先に思いつく対策である「サドルカバー」によるもの。言うまでもなく、ロードバイクのサドルは超がつくほど固い。座った時の快適性なんて概念がないくらいに固い。その固さをクッション性のあるカバーで和らげようというもの。

今回購入したのはこちら。

 

カバーに空気を入れてクッション性を作って、お尻への負荷を軽減しようというものである。自転車に装着してみるとこんな感じ。個人的にはデザインも悪くないと思うので、しっくりしているという印象だ。

post-896

 

 

カバーの上の「+」と「-」が押せるようになっていて、そこを押すと空気が入ってお尻に当たる部分が膨らんでいく。こちらは動画を撮ってみた。「プシュープシュー」と音がするので、空気が入っていることがわかる。膨らんでる感は動画ではわかりにくいが、手で触っていると確かに膨らんでいる。

 

乗ってみた感想:軽減されているとは思うが…

クッション性は高く、確かにお尻は楽になった気がする。が、私の場合痛みを感じるのはいわゆる「臀部」ではなく、もう少し股間によった部分なのだ。サドルでいうと、今回空気が入ったところではなく先の細くなっているところに当たる部分に痛みを強く感じるため、このアイテムだけでは完全に痛みを消し去ることができそうにない。

まあ、「臀部」にも痛みはあったためそれを回避しようと「股間」に負担がかかったということはある。よって臀部でサドルに乗るようにすれば痛みは軽減されるのかもしれない。が、私の場合は根本解決には至っていないように感じる。

ただ、「UNICO UNICO Dr.Air エアーサドルカバー」自体は非常に効果的なアイテムだと思うくらいクッション性は高い。ジェルではなく空気であるため破れて出てきてしまうこともない。痛みを感じるお尻の位置によってはこのアイテムだけで万全ということもあるかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。