ロードバイク用のキャップが欲しい!サイクルキャップvsジョギングキャップ

私は普段からキャップをかぶることが多い。夏ならメッシュキャップ、冬ならニットキャップ、職場にはワークキャップといった具合にスーツの時以外は基本的にはなにか帽子をかぶっている。

先日、ロードバイクに乗るためのヘルメットを購入したとはお伝えしたが、このヘルメットの下に何かかぶりたいと思っている。理由は2つ。

  • ヘルメットが汗で汚れるのを防ぎたい
  • ヘルメットを脱いだ後にも何かキャップをかぶっていたい

 

スポンサーリンク

 

ヘルメットを脱いだ後にも何かキャップをかぶっていたい

ひとつめはよくある理由。頭に直に当たるとヘルメットが汗で汚れてしまうし、成人男性の嫌な臭いがつくことも回避したいという思い。二つ目は冒頭に述べたことが影響する。私は普段からキャップをかぶっているので、ロードバイクを降りた後にも何かを頭にかぶっていたい。ヘルメットをかぶり続けてもいいのだが、さすがに大人なのでTPOが気になるところだ。

では普段かぶっている帽子を持ち運べば?ニット帽なならまだしも、キャップだとカバン等に入れると形が崩れてしまう恐れがあるし、なにより荷物が増えてかさばるのに抵抗がある。であれば、ヘルメットの下にかぶれるような帽子だったら一石二鳥じゃないかと考えたのだ。

post-1737

 

候補に上がるのは当然「サイクルキャップ」

同じようなことを諸先輩がたも考えたのだろう。↓このような自転車でヘルメットの下にかぶるための帽子である「サイクルキャップ」なるものが売られている。

何点か見てみたのだが、うーん…。なんだかしっくりこない。ヘルメットの下にかぶっている時はカッコいいのですが、ヘルメットを取った時がなあ。。。そのままかぶってられるかな、といった感じだ。

まずツバが小さくイマイチカッコよくない。まあ自転車のための帽子なので風の抵抗を避けるためだろうが。次にデザインが派手すぎてしまう。これは致命的だ。普段着る洋服に合うor合わないでいうと間違いなく合わないだろう…。

 

ジョギング用のキャップを候補に入れてみる

そんなモヤモヤした気分でスポーツショップを徘徊していた時に、ふとジョギングコーナーに目が止まった。ランナーたちにも帽子をかぶって走る人が多く、そのアイテムも各メーカーから多数販売されている。そもそも普段かぶっているキャップをヘルメット下にかぶれない理由としては、

  • キャップの型が崩れてしまう
  • 頭頂部のポッチがきっと痛い

つまりは逆を返せば、キャップの型が崩れてもよくて、頭頂部にポッチがなければ万事OKなのだ。この要件にバッチリハマるのがジョギング用のキャップというわけだ。↓こんな感じの帽子である。

ツバはサイクルキャップよりも長くて、NIKEやadidasからも出ているのでデザイン的にも無難なものが多い。これならヘルメット下にかぶり、普段着ている服に対しても浮かないのではないかという期待が生まれた。

ただ、サイクルキャップの「自転車乗りっぽさ」も大いなる魅力であるのは事実。よし、しばらくスポーツショップやサイクルショップを回ってみて双方を見比べてみるようにしよう。デザインがしっくり来るサイクルキャップにめぐり合えればそれはそれでいいのだから。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。