AppleMusicを聞きながら走ってみた!―10kmを50分で走るためのトレーニング 11日目―

10kmを50分で走るためのトレーニングの11日目。今日もiPhoneアプリ「micoach train & run」を使って計測しながらトレーニングを実行した。雨、風邪、時々仕事、ということでジョギングするのはなんと2週間ぶり!今年に入ってジョギングを開始してから2週間のブランクははじめてかもしれない(その間ロードバイクには乗っていましたが…)。

7km

 

スポンサーリンク

 

 

11日目のトレーニングメニュー:ペース走 6分/1km

というわけでややブランクがあるため、激し目のトレーニングであるインターバル走やビルドアップ走は避けて、今日も6分/1kmのペースで7kmをペース走気味に走ることにした。

ペース走とは
最初から最後まで一定のペースで走り続けるトレーニング。持久力の向上とともに、特定のペースで走り続けることができるようになる。

このペース走、ここ最近(と言っても2週間前)のトレーングでは繰り返し導入しているものの、自分の意図する一定のペースで走ることがなかなか難しい。私の場合、どうしてもナチュラルに走ると5分30分ほどのペースになってしまい、意識して遅く走ると6分を大きく超えてしまう。よって「6分」で走ることがなかなかできていない。また私はジョギングアプリ「micoach smart & run」を使用しているのだが、このアプリ走行中のログの精度がすこぶる悪い。はっきり言ってアプリのいうことを聞いているとペースが乱れるため聞かないようにしている。それでいてなぜか走行後の精度が高いのは謎である…。

今日はというと、、、やはり「ずっと6分で」というのはできなかった。が、ラップをみると5分30〜40秒といったところである程度は一定のペースで走れている。これが私の無理せず楽せずのリラックスして走れるペースということなんだろう。今後、ペース走をする時はあまり「6分」は意識せずにリラックスペースで一定に走ることを意識していこう。

2週間のブランクからか心肺・身体ともにバテ気味だった。やはり30km程度のロードバイクではマラソンのトレーにングにはならないのかな…。

 

AppleMusicを聞きながら走ってみた

今日はジョギング中の音楽をAppleMusicにしてみた。実はAppleMusicのリリース直後に1度使用したことがあるのだが、その時は「RADIO」の機能を使ったにも関わらずなぜか2曲で無音に陥るという謎の挙動を見せた。

というわけで今回はリベンジ。前回と同様に「RADIO」の機能を使ってみたが、結果はというと無事に最後まで再生され続けました。私は邦楽しか聞かないので、「トゥデイズJ-POP」というのを聞いたのだが、、、全然知らねえ曲ばっかじゃん!まあ、BGMとしての音楽なのでいいのですが…少し知っている曲流れるとテンション上がるのになあ。

 

11日目の結果

  • 走った距離
    7.06km
  • タイム
    00:40:55
  • ラップ
    1.01KM 00:06:05 — 9.95KM/H 00:06:05 9.95KM/H
    2.00KM 00:05:41 — 10.51KM/H 00:11:46 10.22KM/H
    3.01KM 00:05:47 — 10.38KM/H 00:17:33 10.27KM/H
    4.00KM 00:05:32 — 10.83KM/H 00:23:05 10.41KM/H
    5.00KM 00:05:46 — 10.39KM/H 00:28:51 10.40KM/H
    6.00KM 00:06:07 — 9.82KM/H 00:34:58 10.30KM/H
    7.01KM 00:05:37 — 10.72KM/H 00:40:35 10.36KM/H
    7.06KM 00:00:20 —
  • レース予想
    5Kレース:00:28:48
    10Kレース:00:58:23
    ハーフマラソン:02:05:02
    マラソン:04:13:46

 

スポンサーリンク

RECOMMEND こちらの記事も人気です。