要注意!CW-Xの履き方を間違えたら大変な事になった話

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

CW-Xというコンプレッションウェアの素晴らしさは別のエントリーでもお知らせした通りだ。走りに大きな変化を与えてくれるし、体の負担を軽減し翌日の疲労を抑える効果もある。少し値ははるもののもっと早く買っておけば良かったと思える素晴らしきアイテムだ。

ランニングでCW-X GENERATORを2ヶ月 使って見えてきた効果とは?

2017.12.13

ドーピング並みの破壊力!?ワコールCW-Xジェネレターターモデルの効果とは??

2017.10.05

CW-Xを履いて走っている時に感じた身体の異変

その日ももちろんCW-Xを履いてジョギングしていた。また走るのが楽しくなってきていて、走るのが楽しい→走る頻度が増える→タイムが上がる→走るのが楽しくなる、という好循環を生み出すことができている。この日もある程度のスピードを出して走っていたのだが、2-3kmを走った時に少し違和感を感じていた。どうもふくらはぎが張るような、吊るような気配がある。「アップが不足してたかな」と体が温まれば解消されるかと思い、あまり深くは気にせず走り続けていた。

ところがやっぱりおかしい。本格的に吊ったような状態になる。以前にもふくらはぎに同じような違和感を感じたことがあり、その時は途中で走るのをやめて帰宅したことがあった。万が一筋肉系の負傷であった場合、無理して拗らすと長期化する恐れがあるためである。

なんと違和感の原因は靴下にあった!

そんなことを考えながらスピードを落としつつ様子を見ていた。続けるのか止めるのかを考えながら。そうしているうちに赤信号でストップした。ここで走りながら気になっていた靴下がCW-Xの内側に入っているのを外側に直した。ん?とここで考えた。もしかしてこれが原因じゃないかって。

この日は少し丈の長い靴下を履いていた。スネぐらいまである靴下だ。いつもならCW-Xの外側に靴下が来るように履くのだが、この日は着替え時に急いでいたために内側に入った靴下を直さずに走っていたのだ。これをいつものように外側に出した。するとふくらはぎのつった感じが解消されたような気がした。そこから恐る恐るまた走る出す。うん、間違いない。さっきまでの違和感は消えている。なんてこった、やっぱりこれが原因だったのか。結局そこからはスピードが上がり、終盤はいつもより速いラップタイムで走りきることができたのだ。

間違って履くと足が釣ってしまうという危険性!

繰り返すが、CW-Xは高い圧がかかるように設計されているコンプレッションウェアだ。これまでの私の経験の中では、もっとも高いと言える圧がかかっている。だから履き方を間違えると効果的な圧力がかからずに意味をなさなくなってしまうと公式サイトにも書いてある。それを証明するようにウェアの膝部分は合わせやすように帯がクロスするようになっている。ここに膝が入らないとコンプレッションウェアの機能を果たさないというもの。

CW-Xの機能が各部位にしっかり働くよう、サポートラインを筋肉や関節の位置に合わせて、正しく着用することがポイントです。着圧(加圧)を利用した商品は、正しくご利用いただくことで機能を発揮します。ご使用に関しては、以下の点をご注意ください。

・ご購入の際に、適切なサイズをお選びください
・他の着圧の高い商品との重ねばきはおやめください
・めくれあがった状態でのご使用はおやめください。
・「しゃがむ」「正座する」などの姿勢をとりつづけないでください。
・就寝時は使用しないでください。
・カラダに異常を感じた場合は、ご使用をおやめください。

CW-X公式サイト(CW-X 着用方法)より抜粋

結論!CW-Xは正しく履いて快適なジョギングライフを!

wpid-15070282894046.jpg

CW-Xは正しく着用しないと効果を得られないなんてことも…

これを踏まえて今回の事象を推察するとこうだ。私は靴下をウェアの内側に入るように履いてしまっていた。このことにより、圧力のバランスが狂い本来ふくらはぎに均等にかかるべき力が一点に集中してしまったのではないかと。だからその力がかかりすぎた部位が張るような吊るような違和感を感じでいたのではないかという仮説。

説が正しいかどうかはわからないが、少なくとも履き直したら痛みは消えたわけなので、正しい履き方をしないと何らかの副作用が生じてもおかしくはないと言えるのだろう。効果を得られないというだけではなく、違和感を感じてしまったので、これからはあまり慌てずに着替えて正しい履き方を徹底しないとな。みなさんもお気をつけあれ。ただ裏を返せばそれだけの高機能であるということ。やっぱりCW-X最高!

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。