胃がキリキリ痛むのに走った理由 ―10kmを50分で走るためのトレーニング 23日目―

10kmを50分で走るためのトレーニングの23日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

10km

 

スポンサーリンク

 

 

23日目のトレーニングメニュー:10km ビルドアップ走

ビルドアップ走とは
ビルドアップ走とはその名の通り、走るペースを徐々に上げていく。持久力やスピードアップはもちろんのこと、かなり身体的な負担はかかるので、筋力アップの効果も高い。

いよいよ本番が翌月に迫ってきた。この時期はどんどんどんどん身体と心肺機能を追い込んでいきたいと思う。というわけで今日のトレーニングメニューにはビルドアップ走を選択した。10kmのビルドアップってこれまでやってなかったかも。まあ、最初抑えめに走って余力があれば上げるって走り方ならやったことはあるが、きちんとタイムを意識してのビルドアップ走は10kmでは初めてだったと思う。

いざ走り出してみると、、、胃の痛みは気にならなくなったが左足に違和感を感じた。いつもの太もものところだ。序盤は違和感だったが中盤になると弱い痛みに変わった。走れないというわけではないのだが、足が上手く回っていないような感じがして気になってしまう。言い訳だがこの違和感によって序盤から中盤までのペースメイクに苦労した。

6kmを超えたところでギアチェンジしてからは違和感はほとんど感じなくなった。スピードアップするとアドレナリンが放出されて和らぐのだろうか。よって、6km以降はイメージ通りの走りをすることができた。特に残り2kmは初めて連続で5分以内を出したんじゃなかろうか。言っても8km走った後の5分以内なので、力がついてきたと喜んでいいのかも。が、これが10km=50分のペースだということを忘れてはいけない。このペースで2kmではなく10km走らなければいけないということを。

 

23日目の結果

  • 走った距離
    10.06km
  • タイム
    00:59:22
  • ラップ
    1.00 km 7:19 min/km 8.19 km/h 7:32 – –
    2.00 km 6:47 min/km 8.84 km/h 14:15 – 5 m
    3.00 km 6:13 min/km 9.63 km/h 20:33 5 m –
    4.00 km 6:19 min/km 9.49 km/h 26:53 – –
    5.00 km 6:09 min/km 9.73 km/h 32:57 2 m –
    6.00 km 5:22 min/km 11.16 km/h 38:24 – 8 m
    7.00 km 5:27 min/km 11.00 km/h 43:48 – –
    8.00 km 5:23 min/km 11.13 km/h 49:17 7 m –
    9.00 km 4:49 min/km 12.43 km/h 53:58 1 m –
    10.04 km 5:00 min/km 11.98 km/h 59:09 – –

 

胃が痛いのに走った理由

今日は朝から胃が痛んだ。厳密に言うと昨日からキリキリとした痛みがずっとある。前日食べたものかなあ、なんて思っていたがどうやら体調が悪いようだ。喉も少し痛いし…。ここからもしかしたら風邪をひくかもしれない。そんな胃の痛みを感じながらも今日は走った。

本番に胃が痛まないとも限らない。どんなシチュエーションでも想定してトレーニングをしておく必要はあると思っている。ここのところ、様々なスポーツの大会がTVで中継されているが、日本人は状況の変化にことごとく弱いと感じる。それは特定のスポーツに限らずオールジャンルでだ。もう国民性、民族性に関する話なのかもしれない。

そんな民族性にもかかわらず、ありとあらゆる状況を想定したトレーニングを積んでいないんじゃないかと思ったりもしてしまう。想像力に乏しく、ルーティンワークが好きなのだ。だから「⚫︎⚫︎にはこのトレーニング」と思考を固定化してしまうため、状況を想定したトレーニングを積むことができずに、本番での想定外に屈することになってしまう。

私も日本人だ。状況の変化には弱いのだと思う。その弱点は素直に受け入れて、それを克服するためのトレーニングをしていこうと思う。これが胃が痛いけど今日走った理由だ。

 

スポンサーリンク