ジョギングと腰痛の関連性 ―ハーフマラソン完走のためのトレーニング 13日目―

ハーフマラソンを完走するためのトレーニングの13日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

10km

 

スポンサーリンク

 

 

今日のトレーニングメニュー:7km ビルドアップ走

ビルドアップ走とは
ビルドアップ走とはその名の通り、走るペースを徐々に上げていく。持久力やスピードアップはもちろんのこと、かなり身体的な負担はかかるので、筋力アップの効果も高い。

毎週末のランは身体と心肺に負荷をかけるトレーニングの日。距離は短めにしてゼエゼエ・ハアハアと息が切れるくらいに一生懸命に走る日としている。今日は久しぶりにビルドアップ走を選択した。最終的にほぼ全力になるようにしたかったので、ペースは以下のように走ろうと事前に決めた。

  • 1km:6:00min
  • 2km:6:00min
  • 3km:5:30min
  • 4km:5:30min
  • 5km:5:30min
  • 6km:5:00min
  • 7km:5:00min

いざ走りだしてみると、、、だいぶペースが体に染み付いてきたと実感した。このビルドアップ走はいったんペースが狂うと悲惨なことになってしまうのだが、ジョギングを始めた当初はペースがうまく作れずに速すぎたり遅すぎたりでなかなかうまい具合に行かなかった。一年の時を経ておおよその想定通り走ることができるようになってきた。ゼエゼエ・ハアハアできたし良いトレーンングになったと思う。

 

今日の結果

  • 走った距離
    7.15km
  • タイム
    00:39:16
  • ラップ
    1.0 km 05:59 min/km – –
    2.0 km 05:44 min/km – –
    3.0 km 05:16 min/km – –
    4.0 km 05:34 min/km – –
    5.0 km 05:32 min/km – –
    6.0 km 04:57 min/km – –
    7.0 km 04:53 min/km – –
    7.15 km 08:37 min/km – –

 

ジョギングと腰痛の関連性

腰が痛い!いや以前より若干ヘルニア気味であり、腰痛が発生しやすいはしやすかったのだが、、、今週の腰の痛みはその中でもすごく辛かった。座っていたり、歩いていたりしてもそこまでの痛みは感じないのだが、座って立つ時とか、腰の曲げ伸ばしをする時に嫌な痛みが生じている。きっかけは先週末のランだった。走っている時は特に異常は感じなかったのだが、走り終わった後の腰痛の違和感がいつもよりも激しく、週が変わってもあまり引かなかった。それでも曲げ伸ばしをしなければそこまで痛まないので、水曜日の10kmランは敢行したが、翌日の痛みはやはり顕著だった。

ということは、、、やっぱり走ることによって痛みが生じたり激しくなったりしているということか。思えば以前よりジョギング後に腰には違和感を感じることが多かった。硬いアスファルトの上を走っているため腰への負担も高いのか?あるいは走行フォームがそもそも痛みやすかったりするのだろうか?いずれにしても回復せずに続くようであれば病院に行かなければいけないかもしれない。腰は首・背中とともにひどく痛めると日常生活に大きく支障のでる厄介なところなので、少し慎重目に考えておくことにする。

 

 

スポンサーリンク