カッコいい写真を撮りたい ―30枚目/淡い写真―

写真の上達を目指して毎週一枚、その週にCanonのデジタル一眼レフカメラEOS 60Dで撮影した写真をあげていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

タイトル「淡い写真」

IMG_0040
  • タイトル:淡い写真
  • カメラ:Canon EOS 60D
  • レンズ:18-200mm TAMRON
  • f値:3.5
  • シャッタースピード:1/400
  • ISO感度:100
  • ホワイトバランス:マニュアル

ここ最近は写真熱が半端ないです。いろんなところに出かけていろんな写真を撮ってやりたいっていっつも考えている次第です。そんな私が最近テーマとして挑んでいるのが「淡い写真」をとることです。どちらかというと色濃いめ、明るさ暗目の写真を好んで撮ってきましたが、その真逆の写真を撮りたくなりました。透明感のある写真って言っても抽象的ですね。

要はは↑のような写真です。なかなかうまくいかなかったのですが、この写真はイメージ通りに「淡い写真」にすることができたと思っています。主に以下の3点の設定をいじることでこのテイストの写真にすることができました。後加工は一切加えていません。

  • ピクチャースタイル
  • ホワイトバランス
  • 露出補正

まずはピクチャースタイルをいじりました。なんとなく色合いとかコントラストは低くすべきだと思っていたのですが、なかなかイメージ通りになりませんでした。そこで色合いは低いままでコントラストを上げてみました。すると少しイメージに近づきました。次に具体的な色味を調整しました。色味の調整といえばホワイトバランスです。ベースを青っぽくしてその中に若干の赤味を加えてみました。さらに露出をオーバー気味(+2くらい)にすることで光の加減もいい感じに淡くなったと思います。個人的なポイントとしては高めのコントラストと露出をオーバー気味にすることかなと思います。

私としては珍しく縦の写真です。横断歩道の奥行きを出すには縦にした方が効果的だと思ったので。写真の質感については自然光の兼ね合いも強く影響するため、設定を固定することは難しいのですが、意識して撮影することで掴んでいけたらと思っています。

 

これまでに撮った写真はこちら↓

 

スポンサーリンク