世界最小最軽量モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000を使ってみた!

iPhone用のモバイルバッテリーを購入しました。これまで使っていたものもまだ壊れていないのですが、Lightning端子が付いている部分が特殊な形状をしていてiPhoneにケースをつけていると挿すことができませんでした。最初は気にしていなかったのですが、意外と不便なため、このタイミングで新しいバッテリーを購入することにしました。

IMG_6213

 

スポンサーリンク

 

 

Anker PowerCore 10000レビュー

IMG_6214

今回購入したのは↑こちらのAnker PowerCore 10000です。前回やや奇抜な形状のバッテリーを購入して失敗したので、オーソドックスなモノを選択しました。ケーブルは一体型ではなく外付けできるものにし、ケースをつけていると挿すことができない、ということがないよう徹底したつもりです。

世界最小・最軽量!

Amazonでの触れ込みは「世界最小・最軽量」です。確かに軽いとは感じましたし、それなりにコンパクトですが、最小かなーとは疑問に思いましたが、この10000mAhというバッテリー容量を搭載したモデルとしては最小ということでしょうか。まあ、大きさについてはカバンに入れて嵩張ったり、重く感じたりすることがなければある程度は許容なので、この大きさであればまったく問題はないと思っています。バッテリーと一緒にMicroUSBケーブル(バッテリーの充電用)とケースが入っていました。Lightningケーブルは別売りです。

IMG_6215

ケーブルを挿すだけで充電が始まる!

まず驚いたのが、ケーブルを挿した瞬間に充電が開始されたという点です。ボタンはついてはいるのですが、これを押したつもりはありません。つまりはケーブルを挿すだけで充電が開始されるのです。逆も然りでiPhoneからケーブルを抜いて少しするとバッテリー側もランプが消えてオフ状態になります。先代のバッテリーは電源ボタンを押さないとオフにならず、忘れてバッテリー自体の充電を無駄に消費してしまうことが良くありました。地味にダメージを受けていたので、抜き差しだけで済むのは嬉しい機能です。

IMG_6217

1分で1%充電!

手持ちのiPhone6Plusで充電にどれくらいかかるのかをなんとなく計測してみました。体感的にはだいたい1分=1%くらいだと思われます。あまり充電時間を気にしたことはないので、これが早いのか遅いのかはわからないのですが、ネット情報によると、以下の記事がありました。

端末ごとに電流を最適化して充電できるAnkerの独自技術「PowerIQ」と、ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整する「VoltageBoost」の機能により、モバイル端末の高速充電を実現しているとのこと。

GIGAZINE

高速充電とありますので、すくなくとも先代のバッテリーよりは早く充電がされているのだと思います。今後、充電のスピードが求められるようなシチュエーションではこのスピードに有り難みを感じることになるのかもしれません。ちなみにGIGAZINEによるとiPhone 6sで4回も充電できるだけの容量があるとのことです。これまでは使用する度に充電を繰り返していましたが、その必要は無くなりそうですね。

IMG_6218

 

Lightningケーブルは別途購入

前述しましたが、Lightningケーブルは付属していませんので、手持ちのケーブルを使うか別途購入する必要があります。出したりしまったりを繰り返していると失くしてしまいそうな気がしたので、このバッテリー用に一本Lightningケーブルも購入してみました。

できるだけ嵩張らないように長さは短いものにしました。この長さ・大きさであれば付属のケース(ポーチ)にも十分に収まります。バッテリー自体が小さくて軽いので、カバンの中に入れても全然邪魔になりませんし、充電中はiPhoneと一緒にポケットに入れておくことができました。小さくて軽いのに大容量を搭載したモバイルバッテリーがなんと2000円台で手に入ります。スマホの充電切れが気になる方にはぜひともおすすめです!

 

スポンサーリンク