横浜ベイブリッジを下から狙う ―カッコいい写真を撮りたい 42枚目―

写真の上達を目指して毎週一枚、その週にCanonのデジタル一眼レフカメラEOS 60Dで撮影した写真をあげていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

タイトル「横浜ベイブリッジ」

IMG_6409
  • タイトル:横浜ベイブリッジ
  • カメラ:Canon EOS 60D
  • レンズ:18-200mm TAMRON
  • f値:4
  • シャッタースピード:1/1000
  • ISO感度:100
  • ホワイトバランス:マニュアル
  • 露出補正:0EV

横浜で船に乗ってきました。今回はその時に撮影した一枚です。横浜といえば・・・というといくつか思いつきます。赤レンガ倉庫だったり、中華街だったり、みなとみらいの観覧車だったりと、さすがに名スポットがたくさんある印象です。その中でも横浜というとやはり港町=海の印象が強いのではないでしょうか。そんな横浜の海にかかるのがベイブリッジでございます。車で上を走ったことや、少し遠目から見たことは何度かあったのですが、今回は船からの景色になります。つまりはベイブリッジを下から見ることができるのです。これは初めての経験でした。貴重な機会だったので慎重に撮影したいところですが、船はそこそこのスピードで走っていて3枚くらいしか撮ることができませんでした。

その中でのお気に入りの一枚がこちらです。構図としてはベイブリッジが対角線になるようにして、その長さを表現してみました。背景がないと寂しい気がしたので、こちらも横浜の象徴の一つである工業地帯が写り込むようにしてみました。ローアングルからのベイブリッジの迫力が出せたような気がしていますが、いかがでしょうか?そして今回もGoogle Nik Collectionで現像してみました。東京タワーの作品の時にも使った、HDR Efex Proの強調というプリセットです。このプリセットを使うと写真が劇的な雰囲気になりますね。

今回はあいにくの曇り空だったので、写真そのものの色味や質感は納得するものにすることができませんでした。なのでGoogle Nik Collectionでの現像を想定しながら、構図や明るさに気をつけて撮影したつもりです。結果としていい感じの作品にすることができました。現像を視野に入れながら撮影するのもアリですね。少しだけ、写真の幅が広がったような気がします。ただ・・・今改めて見るとちょっと暗かったかな・・・。

 

これまでに撮った写真はこちら↓

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。