タブレット手帳化の強い味方!aibow 3in1 ディスクスタイラスペンレビュー

少し前からアナログな紙の手帳を使うことをやめて、代わりにタブレットを手帳として使ってみることにトライアル中だ。メールの参照やスケジュールの確認などは全く操作に問題ないのだが、やっぱりメモを取りたくなることもあり、その時に手で書くっていうのはなんともみっともない。そのみっともなさを回避するために私は「スタイラスペン」を使うことにしている。

 

スポンサーリンク

 

 

使いにくかった100均のスタイラスペン

タブレット手帳化の開始と同時に使っていたのが100均で購入したスタイラスペンだった。スタイラスペンの先はゴムであることが多く、筆圧によってはそれが破れてしまうことがある。結構な頻度で破れてしまうものもあるので、買い替えを視野に入れておく必要があるのだ。コストパフォーマンスに優れる100均のスタイラスペンであれば、「使い捨て」感覚で使うことができるかなと。

が、そんなに甘くはなかった。やっぱりそこは100円均一の製品だ。破れはしなかったもののすこぶる使いにくい。まずタブレットの画面に対してペンが滑らずとても書きにくい。おまけに感度も悪いため、途切れ途切れの文字になってしまう。よほど力を入れて強く書かないと文字として成立しないため、タブレットでメモを取るのが億劫になってしまっていた。最初はタブレット側に問題があるのかとも考えたのだが、以前使っていた端末とスタイラスではそんなに気にならなかったので、試しに100均以外のスタイラスペンを使ってみることにした。

 

aibow 3in1 ディスクスタイラスペンレビュー

今回私が選択したのが、↓こちらの商品、aibow 3in1 ディスクスタイラスペンだ。文字通り、「ディスクスタイラス」「導電繊維タッチペン」「普通のボールペン」の三種を1本のペンで使い分けることが可能なのである。私は配布資料にメモをとることが多いため、ボールペンとしての機能を有しているのはとてもありがたい。ディスクスタイラスにも興味があったのでこのaibow 3in1を試してみることにした。

 

書きやすいがカチカチ音が気になるディスクスタイラス

img_4698jpg_28458014473_o

まずは個人的には注目していたディスクスタイラスから。後述の導電繊維タッチペンがキャップになっていてそれを外すと顔をだす。はっきり言ってすごく書きやすい。100均スタイラスで感じていた「滑らない」ということもないし、感度も良好で文字が途切れてしまうこともない。こんなディスクがペン先についているのになんでこんなにスラスラと書けるのが逆に疑問だ。とにかく書きやすくて打ち合わせ中にも使っていたのだが、、、カチカチとした音がどうしても気にってしまう。ペン先のディスクの形状と材質はタブレットのディスプレイと触れる時にどうしても音が出てしまうのは致し方ない。気にせず使えばいいのだが、MTGの邪魔になっているような気がして使うのを諦めた。

書きやすくて音も出ない導電繊維タッチペン

続いては導電繊維タッチペンだ。これについてはこの製品で初めて存在を知った。こちらも固めの材質かと思いきや触ってみると柔らかい。ゴム式のスタイラスペンのような柔らかさだが、手触りはザラザラとしている。このザラザラの質感こそが導電繊維ということなのだろう。使ってみた感想はディスクスタイラスには劣るものの、非常に滑らかに文字を書くことができた。文字が途切れることも少ない。100均スタイラスと同じような柔らかさであるにも関わらず、その書き心地は雲泥の差だ。さらにはその柔らかさによってディスクスタイラスと異なりカチカチと音をたてることもない。これであれば打ち合わせでも使える。現状は最も使用頻度が高いのがこの導電繊維タッチペンだ。

普通のボールペンはタブレット手帳化の必須アイテム

img_4699jpg_28789427010_o

そして最後は普通のボールペン。文字通り普通だ。けど黒じゃなく青だったのには最初戸惑った。以前の記事でも書いたが、タブレットで手帳化を目指すものの、打ち合わせ等で配布される資料は紙であることがほとんどだ。その紙資料にもメモをとる必要もあるので、普通のボールペンは必須なのである。ただスタイラスとボールペンを2本持ち歩くのはスマートではない。スマートにタブレットを手帳化しているのにこれでは本末転倒だ。だからスタイラスにボールペン機能が付属していることはタブレット手帳化の必須事項なのだ。ただ、このボールペンはインクがドバドバ出てしまうことがあり、それもあってインクの減りが早い。そこは大きなデメリットか。

 

交換用のペン先も付属していてお買い得!

それでもタブレットのディスプレイにスタイラスで文字を書くことはボールペン+紙の組み合わせに比べたら書きにくいというのは正直なところだ。となると筆圧は当然上がり力も入ることになるし、もともと材質的に壊れたり破れたりが起こりやすかったりもする。さらには普通のボールペンであれば会社の備品として用意されているので、交換が容易だがスタイラスペンの場合はそうはいかない。故障はしやすいが、その度に自分で調達しなければならないのだ。

img_4700jpg_28789428130_o

そんな中でaibow 3in1 ディスクスタイラスペンには替えのペン先がディスクスタイラス用=2個、導電繊維タッチペン用=3個が付属している。おまけにボールペンの替芯も1つ付いてくる。つまりはスタイラスペンとしての機能として使うならば5本分ということになる。100均のスタイラスだって5本買ったら500円だ。それがこの価格で手に入り、さらには100均スタイラスよりも快適さを手に入れられるのだからお買い得なのではないだろうか。タブレットの手帳化を目指している方はぜひぜひお試しあれ。

 

スポンサーリンク