一眼レフカメラで運動会[スポーツ]の動画撮影は可能なのかを検証してみた!

我が家には小学生の男の子がいます。たくさんのイベントがあるので、それを動画で撮影して思い出を記録しています。できるだけキレイにうまく撮ってあげたいのですが、最近の動画撮影方法は多岐に渡りどれが最適かがよくわかりません。特に運動会やスポーツの大会なんかは動きが多いため、カメラの選択を間違えると「全然撮れなかった」なんてことも起こり得ます。

運動会の動画撮影は何が最適かを比較・検証してみた!

そこで!今回はそれぞれのカメラのメリット・デメリットを比較すると同時に、一眼レフカメラで運動会の動画撮影が可能かを検証してみることにしました。その結果を見て運動会・スポーツでの最適な撮影方法を考えたいと思います。

スマホ撮影のメリット・デメリット

7054d7ce5f213572b04c0dba3b1e5571_s

最初はスマートフォンでの動画撮影です。最近のスマホは高スペックで、動画撮影についてもちょっとしたカメラ並みの機能を備えています。そんなスマホでの動画撮影のメリット・デメリットってどんなものでしょうか?

-メリット:とにかくお手軽!

とにかくスマートフォンはお手軽です。絶対に持ち歩きますし、ポケットにおさまるので重たい荷物・機材を担いで持っていく必要がありません。撮りたい時にポケットからさっと出して撮影することができます。

-デメリット:ズームで画質が悪くなる

デメリットはズームで画質が悪くなる点です。これはスペック的に致し方ない部分です。もちろんその辺を解消してきている最新機種もあるとは思いますが、まだまだ専用機には敵わないという印象です。

また、仕上がった写真も記録用としては十分だとは思いますが、やっぱり一眼レフカメラなどに比べると作品としての質は劣ります。コンデジとは十分争えるレベルだとは思いますが…。

-デメリット:ストレージ(容量)が足りなくなってしまう

もうひとつのデメリットはストレージを圧迫してしまう点です。スマホに格納されているデータは写真や動画だけではありませんし、高画質で撮影すればするほど、1ファイルあたりのサイズは大きくなりますので、その辺を心配しながらの撮影になってしまいます(特にSDカードを使えない某機種では)。

ビデオカメラ撮影のメリット・デメリット

f8d6f2c614dba6434a579f9f35bb44cc_s

続いてはビデオカメラです。その名の通り、動画=ビデオを撮影するためのカメラであり、我が家でも壊れるまではビデオカメラを使用していました。普通に考えればファーストチョイスですが、死角はあるのでしょうか?

-メリット:動画撮影に適した操作性

まず最大のメリットです。動画撮影に特化したカメラであるため、その操作性は抜群です。特にズーム撮影時に使うレバーは秀逸でスムーズに被写体に寄ることが可能です。後述しますが、デジイチでの動画撮影はこのズーム撮影が最大のネックとなりますので、かなりのアドバンテージだと思っています。

-デメリット:あまり画質がキレイではない

4K撮影なども可能なカメラも発売されていますので、解像度的には画質は向上しているのだと思います。ただ、センサーサイズ的にはCMOSセンサーが主流であり、フルサイズはもちろんのことAPS-Cサイズのデジイチにも及びません。だから映画やドラマで見るようなボケを使った演出などは不可能ですし、その部分での「画質」としてはデジタル一眼レフカメラに劣ってしまうのが弱点かもしれません。

デジタル一眼レフ動画撮影のメリット・デメリット

8f741963df72e6cd59c4d87eb1722521_s

最後は今回検証したデジタル一眼レフカメラです。正直、スマホとビデオカメラの特性はなんとなくわかっていました。デジイチでの動画撮影については未知数だったので検証してみたのです。これが成功すれば前述の映画やドラマのような動画を撮ることも可能かと思っていました。

-メリット:センサーサイズが大きいからとにかく画質がよい

そうです。デジタル一眼レフカメラでの動画撮影最大の武器はその画質です。先に書いたようにセンサーサイズがスマホやビデオカメラよりも大きいため、それを活かして美しい画作りをすることが可能です。

これは写真に限ったことではなく、動画でも同じことが言えます。小さな液晶モニタではあまり感じることができませんが、PCやテレビモニタに映すとその差は歴然です。画質だけを考えるのであればデジタル一眼レフ一択です。

-デメリット:動画撮影には適さない操作性(特にズーム)

が、そんなにうまいお話はありませんでした。美しい画質を得るにはそれなりの代償を支払う必要があります。はっきり言います、デジタル一眼レフカメラは運動会やスポーツなどの動きのある動画撮影には向いていません。その最大の理由がズームです。ビデオカメラと異なり、動画撮影用の操作は用意されていないため、写真の時と同じようにレンズを回してズームをします。これがスムーズにいきません…。レンズによってはカクカクしちゃうし、微妙な調整も難しいためズーム撮影は困難であるという結論です。

一方で心配していたフォーカスについてはそれほど苦労することはありませんでした。AFにしておくとフォーカスを合わせる時の音が入ってしまうため、MFで合わせる必要があるのですが、液晶モニターでもしっかりと被写体にフォーカスを合わせることができました。

-デメリット:重いから長時間の撮影はしんどい

そしてもう一つ犠牲にしなければいけないのが重量です。デジイチは重いです。だから三脚は必須であり、フットワークに制限が出てしまいます。三脚なしの手持ちで撮影しようものなら手に重さがずっしりとかかり疲れてきてしまい長時間の撮影は困難です。運動会の1種目の時間でも手に疲れは生じてしまいました…。

結論!運動会やスポーツの動画撮影にはビデオカメラが最強!

ということで今回デジイチを使って運動会を撮影してみて私が出した結論は、、、運動会やスポーツの大会などの動きのある動画撮影はビデオカメラが最適です。やっぱり軽さと操作性に勝るものはないと感じました。確かにデジイチの画質は非常に魅力ですが、操作にもたついている間に目の前では刻々と状況が進行していて、決定的な瞬間どころか我が子の出番が終わってしまうなんてこともありえます。だから撮りやすいビデオカメラでフットワークを軽くして臨むのがベストです。

静止画だったらデジイチでもストレスなく撮影できるのだが…

ただ、デジイチでもやりようはあると思っています。それは三脚を使っての固定撮影です。ズームもしません。あらかじめ構図を決めて寄っておき、そこからズームには触りません。そのような限定的な撮影方法であれば、運動会などでデジイチを使って動画も撮れると思います。ですが、餅は餅屋で「動画=ビデオカメラ」「写真=デジイチ」と2台持ってウロウロするのが理想なんでしょうね。重いけど…。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。