寒さ対策!冬にロードバイクに乗るときにオススメのアイテム3選

R0029488-580x386

ぼちぼち寒くなってきた。12月になるので本格的な冬が到来したと言っていいだろう。これくらい寒くなってくると街からローディはキレイなくらいに姿を消す。猛スピードで風を切るロードバイクは冬の寒さとの相性がすこぶる悪いのだ。

冬にロードバイクに乗るときにオススメのアイテム3選

それでも私のように土日の移動手段としてロードバイクを利用していたり、ましてや毎日の通勤に使っている人なんかは寒いからと言ってロードバイクに乗らないわけにはいかない。寒さはロードバイクの敵ではあるが、少しでも寒さをしのいで快適にロードバイクに乗るためのおすすめ防寒アイテムを3つほどご紹介する。すべて実際に購入して体感済みのオススメアイテムだ。

寒さから手を守るサイクルグローブ!

まず最初は寒さをダイレクトに受ける手を防寒するアイテムから。言うまでもなく、ハンドルを握る手はロードバイクに乗るためにはとても重要な部位である。寒さで手が悴んでいて思うように動かないとなれば、コントロールを失い危険な走行になってしまう。そんな手を守るアイテムがこちら。

冬のロードバイクも安心!CRAFTのシベリアングローブの防寒効果がマジで完璧だった件

2017.02.17

CRAFTのシベリアングローブだ。当初私はもっと薄手のサイクルグローブを使っていたが、寒さを防げずに、ニットの手袋と重ねて着用していた。それが煩わしくて、このCRAFTのシベリアングローブを購入したわけなのだが、その防寒効果は半端ない。一切寒さを感じないし、少し乗っていると手が汗ばむくらいである。

それもそのはずでかなりの厚手である。だから、ロードバイクから降りてグローブを外している時にしまっておくところに困る点はウィークポイントである。また、厚手が故にブレーキを握るときには素手or薄手のグローブよりも体感として力が必要になる。それをトレードオフしてもその防寒を第一目的と考えるのであれば選択肢として良いと思う。

シューズカバーでビンディングシューズの弱点をカバーする!

手と同じくらいに寒さを感じるのがつま先かもしれない。ただでさえつま先は寒さを感じやすいし、つま先用のカイロも売られているくらいだ。しかもロードバイクに乗るときはビンディングシューズである。ビンディングシューズもその他のロードバイクのパーツと同じように軽量化されていて、メッシュ地が使用されている部分が多い。だから普通のシューズに比べて寒さを感じ易い。しかもロードバイクはある程度のスピードで走っていて、つま先はもろに風を受けることになるのだ。

真冬のロードバイクに必須の防寒アイテム、シューズカバーはSPD用シューズでも使えるのか??

2016.12.21

そんなつま先を寒さから守るのが↑こちらのシューズカバーだ。今回お勧めする3つのアイテムの中では一番お勧めかも。個人的にはつま先の寒さは手の寒さよりもキツかった。もう寒すぎて足の感覚がなくなってしまうなんてこともよくあった。靴下を重ねばきするのにも限界があるし。そんな中で出会ったのがこれだった。防寒効果は完璧だ。

ただ、どうやらSPD-SL用のカバーだったようで、私のSPD用シューズで使うにはやや強引に履く必要があった。もう一度履いたらしばらくは脱げないくらいの強引さだ。外すのが大変なので、冬の時期はずっと靴と一体化させて靴ごと脱ぐようにしている。そんな感じでなんとか使えているものの、やっぱりちゃんとしたSPD用のシューズカバーが今年は欲しいところである。

ON・YO・NE 裏起毛ストレッチアンダーロングタイツ

ロードバイクに乗る時はあまり「長ズボン」の類は履かない。裾がヒラヒラしてしまい、チェーンのオイルが付着して汚れてしまうし、何より気になって邪魔と感じてしまう。そのヒラヒラを抑えるためのバンドも売っているし、使っている人も見かけるが、私個人としては長ズボンでロードバイクに乗ることはない。

しかしながらクソ寒い中で半ズボンでロードバイクに乗るのは自殺行為だ。あっという間に冷えて脚に痛みすら感じる事態となってロードバイクどころではなくなるろう。そんな時に重宝するのがタイツやスパッツの類だ。ロードバイクに乗るのだからパッド付きのレーパンが良いのだろうが、私は見た目があまり好みではない。だから↓こちらのタイツにレータンを重ねばきするようにしている。

真冬の運動にオススメ!ON・YO・NE 裏起毛ストレッチアンダーロングタイツレビュー

2016.02.19

このON・YO・NE のストレッチアンダーロングタイツの魅力はなんと言っても裏起毛であるというところだ。はっきり言ってめちゃくちゃ暖かい。関東平野部の真冬であればこのロングタイツがあれば乗り切れてしまう。それでいて汗をかいても不快に感じることはないので、ロードバイク、そしてランニング等の冬のスポーツ時にも向いていると思う。

防寒アイテムで冬でもロードバイクを楽しもう!

どうしたって日本の冬は寒い。それでも雪の多い地域に比べれば私の生活エリアである関東地方平野部は恵まれている。晴れの日が多いからロードバイクには全然乗ることができる。そんな中のハードルは間違いなく寒さである。ただ、せっかく晴れているのに寒いという理由だけでロードバイクに乗らないのは雪の地域のローディの皆様に申し訳がない。

今回紹介したような防寒アイテムで寒さをしのげれば真冬でもロードバイクを楽しむことができるのだから、存分に利用して今年も楽しんでいこうかなと。冬は寒さと同じくらい、いやそれ以上に強風も強大な敵だ。この風対策も毎年考えているのだが、なかなか良い策が見つからない。強風でも快適にロードバイクに乗れる方法って何かないかな?

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。