ランニングでCW-X GENERATORを2ヶ月 使って見えてきた効果とは?

92b719acf7331086c32e1455a3b5ae32_s

ランニング中に体にかかる負担と痛みに耐えられなくなり、その対策としてコンプレッションウェアであるCW-X GENERATORモデルを使い始めたのが2ヶ月前。第一印象でもかなりの高評価だったが、その印象は今でも変わることはない。いや、しばらく使っていたからこそ気がついた効果もある。

ドーピング並みの破壊力!?ワコールCW-Xジェネレターターモデルの効果とは??

2017.10.05

CW-X GENERATORを1ヶ月 使って見えてきた効果とは?

↑の記事でも書いている通り、CW-Xは使い始めてすぐに高機能なウェアであることはよくわかった。CW-Xからの圧力によって下半身をサポートして負担を軽くしてくれる。走行中も走行後も身体の状態はいつもと違っているのだ。それにも関わらず、暑さを感じずに快適に走ることができていた。

基本的には2ヶ月使った今でも感じている効果は当初とは変わりない。が、使い始めには感じることができなかった細かい部分もあるので、今回はその辺りをレビューしてみることにする。

AE1407AF-7EBE-498A-82A1-23DDE1B19B05

効果1:筋力がサポートされ早く走ることができる!

最初から感じていたが、CW-X GENERATORモデルを履くとかなり高い圧力が下半身にかかっていることがよくわかる。それはタイツの域を超えていて、まるでサポーターで下半身全体を覆っているような感覚だ。だから強い反発によって身体を動かすことが楽に感じる。この感覚はランニング中も同じで、足がスムーズに前に出るような気がする。だからいつもと同じペースで走っているように感じているものの、10秒程度は早いペースになっていることが多い。

また、終盤のしんどい時にもその効果を発揮する。筋肉に疲労を感じて脚が重たくなるのだが、CW-Xを履くようになってからはその感覚が軽減された。さらには上り坂や階段を一気に駆け上がった時の太ももに乳酸が溜まっているあの感じが少なくなる。だから快調に走ることができ、早いペースでのランニングを可能にするのだ。あれだけ夏場不調だったのにも関わらず、ここに来て調子が上がっているのはCW-Xの効果が大きいと思う。

効果2:翌日に感じる身体の痛みがかなり軽減される!

2つ目の効果はつい最近強く感じたこと。ランニングなどの激しい運動をした翌日は筋肉痛にもなるし、体全体に強い疲労感を感じていた。CW-Xを履くようになってからも翌日の疲労が完全になくなったということはないし、筋肉痛も起きている。が、その感じる疲労が驚くくらいに軽減されているのだ。

例えば…翌日に疲労を感じている状態で地下鉄の階段を登ろうとすると、これまではすごくしんどくて筋肉が硬くなっているというか、乳酸が溜まっているような感じというか、とにかく一気には登りきれずに踊り場で一瞬立ち止まって休憩を入れなければいけなかった。CW-Xを履くと翌日のこの現象から解放される。筋肉の痛みは感じているが、階段を一気に登れないほどの筋肉疲労を感じることはない。乳酸が溜まっているようなあの感覚がほぼ消えている状態だ。これは劇的な効果であるといえるだろう。

効果3:だから楽しくなってモチベーションが高まる!

今年の夏場はランニングをする上でものすごく苦しかった。大したペースでもないのに毎回息が上がってしまっていたし、このまま劣化し続けて走れなくなるんじゃないかって恐怖感にも襲われたりもした。今はCW-Xの効果もあって、ある程度は自分の思い通りに走れているし、調子が上向いて来ているという実感がある。翌日に残る疲労も少ないから週に2回走る場合でもモチベーションが下がることもない。

もちろん夏場の時期との単純比較はできないし、CW-Xだけが要因というわけではないかもしれない。それでも今実際に感じている感覚は事実ではあるし、CW-Xというウェアから得ている効果も十分にあると思うのだ。これはすごくいいアイテムをゲットした。今年の「買ってよかったランキング」でも上位に食い込みそうだ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。