【検証】[サンプル動画あり]ズームのできないOsmoPocketで運動会を撮ってみた結果大公開!!

運動会シーズン真っ只中!我が子の勇姿を動画で収めたいという親心をを持つのはごくごく当たり前でどこの運動会会場を見ても自慢のハンディカムカメラを構える親御さんたちで溢れかえりますね。

このワタクシも運動会に参加する小学生を子供に持つ親であり、動画に収めたいという心を持っています。ただ、我が家のハンディカムは数年前に故障してそのままです。それ以来、動画に撮りたいときは300mmの望遠レンズを取り付けたデジタル一眼カメラの動画モードで代替しています。そっちの方が画質もいいですし。

OsmoPocketで運動会を撮影できるのか検証してみた!

osmopocket

そんな中でこの夏、3軸ジンバル搭載のOsmoPocketを購入しました。このカメラは通常のハンディカムとは持っている特徴がやや異なります。ジンバルが付いているので、自撮りしながら歩きながらの街歩き撮影なんかをメインの活用シーンとして想定されているカメラだと思われます。もちろん私もそれ系の用途で購入したのですが、せっかく高い出費をして購入するので子供の勇姿を収める運動会でも使えないかと考えました。

ハンディカムと同じように応援席から我が子を撮影できるの??

ですが、どこのレビューサイト・YouTubeを見渡してもOsmoPocketで運動会の撮影にチャレンジしている動画って見当たりません。あったとしても子供といっしょに参加して至近距離で撮影しているものだったり、固定・俯瞰系で撮影しているものだったりで、いわゆるハンディカムと同じように「応援席から我が子を撮る」といった用途での動画はついに購入前には見つけられませんでした。このネット時代なのに…。頼むよグーグルアルゴリズム。

というわけでOsmoPocketで運動会を撮影できるか?というのは未知のままでの購入だったのですが。今後同じような目的でOsomoPocketの購入を考えていて、同じように「参考になる動画がないなあ」と悩んでいる方のために以下の条件で撮影した運動会の動画を掲載させていただきます。

  • 運動会のリレーでのわが子の勇姿を撮影する
  • ハンディカム撮影と同じように応援席から自分の子供狙う
  • 4Kで撮影する
  • ズームはできないためPremire編集で拡大する

OsmoPocketで運動会を撮影した動画サンプル

ということでサンプル動画です。プライバシー保護のためほぼ全面的にブラーをかけていますが、画角の参考にはなると思います。画質については4Kで撮影し、拡大なしのものがもちろん一番良い画質です。で、3倍程度拡大したものであればHDと同等レベルかなと。MacBook Proで全画面再生してもストレスはありませんでした。

4Kで撮影してそのままの動画

4Kで撮影してPremire編集で2倍に拡大した動画

4Kで撮影してPremire編集で3倍に拡大した動画

結論!OsmoPocketでも運動会撮影はできる!ただし編集は必要

私の出した結論としては「OsmoPocketで運動会撮影は可能」です。ジンバル付きのため手ブレしないというメリットもありますし。ただし、4K素材からの拡大編集は必要という前提ですね。やっぱりズーム機能がありませんので、そのままですと我が子が応援席の対角方向にいるときは「点」の状態になってしまいます。その時はズームがないので編集から拡大するしかありません。画質・画角等は十分に実用に耐えられるというのが今回の検証結果ですね。だから4K撮影→拡大編集さえすればOsmoPocketでの運動会撮影は可能かなと。

ただし!Premire等での拡大作業が想定よりも手間取りました。静止画でしたら拡大するのにも一手間で済むのですが、動画だとそういうわけにはいきません。なぜか?被写体が動くからです。被写体を画角の中央に収めながら編集していかなければいけません。1フレームごととはいきませんが、それなりに細かくキーフーレムを設定しての編集作業が必要となりました。これはちょっと誤算だったかも。なので望遠のデジイチ+広角のOsmoPocketという2カメ体制が現実的な手段かもしれませんね。クリップマウント等で固定しておけばデジイチでの撮影に集中もできますし。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。