ロードバイク(iWant R-1)でのお尻の痛み軽減大作戦 ーサドルの位置調整編ー

念願のロードバイク:MomentumのiWant R-1に乗り始めたものの、お尻(お股)の痛みに悩まされることになった。その痛みを解消するべく対策の第二弾。今回はサドル位置の調整をトライしてみた。

 

スポンサーリンク

 

ハンドルが遠いという仮説を立ててみる

サドルカバーでは激的な効果が見られなかった。痛みの生じる位置から考えて、乗車姿勢に問題があるのではないかと予測を立ててみた。そういえばハンドルが遠く感じるような気がする。ロードバイクに乗っている人の画像を見ると、腕は肘が軽く曲がるくらいにゆったりハンドルを持っているのに対して、私の場合何とかブラケットを掴めるような感じだ。この時腕はまっすぐに突っ張るような形になっている。そうすると上半身が無理な体制であるため、下半身(お尻の位置)もおかしくなり変な痛みを感じるようになるのではないだろうか。

 

サドル位置を前にずらしてみる

WEBで調べたところ、サドル位置の前後調整は比較的容易にできそうである。が、注意すべきはずらしすぎるとペダルに対しての足の角度も変わってしまうため、漕ぐ力が伝わりにくくなってしまうとのこと。まあ、やってみてしっくりこなければ戻せばいいのでサドル位置を前に出してみることにした。

post-901-2

これくらい前に出してみた。加減がよくわからなかったので、ベテランの皆様が見たらけっこう大胆に前に出てるのかもしれない…。早速乗ってみたが、漕ぎにくいという印象はなかったのでそこは力のかかり方は今のところ問題はなさそうである。では肝心のお尻の痛みは、というと?あまり変わっていないような気がする。確かにハンドルはやや近くなったような気がするが、まさに「気がする」レベルのお話であり激的な差を感じることはできなかった。

ということはサドル位置・ハンドルまでの距離ということはあまり関係がないのだろうか…。うーんちょっと泥沼にはまりつつある。最初のうちはある程度しかたない痛みで慣れてくると感じなくなるのかもしれない。実際今週も20km程度乗ってみたが、先週よりも感じる痛みは少なくなっていたし。でもいまいちしっくりこないのでもう少し考えてみよう。

 

スポンサーリンク

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。