ロードバイク用にdeuter(ドイター)のバックパックを買ったのでレビューする!

バックパック購入計画で、ロードバイクに乗る時用のバックパックを購入した。ただ、ロードバイクのみが目的ではなく、パソコンやカメラを持ち運んだり、一泊程度の旅行にはそれでいきたいと考えた結果、「deuter(ドイター)のスパイダー30」を選択した。早速このバックパックをレビューしていく。ちなみにバックパック購入計画はこちら↓。

ロードバイクで使えるバックパックを買うことにした! ―バックパック購入計画―
ロードバイクで使えて普段使いもできるもの ―バックパック購入計画―
ここから選べ!自転車乗り用のバックパック3つ ―バックパック購入計画―
deuter(ドイター)のバックパック2種から最終選定! ―バックパック購入計画―

 

IMG_6215

 

スポンサーリンク

 

 

購入したのはdeuter(ドイター)スパイダー30のレッド

最終的に購入したのはドイツの老舗アウトドアブランドであるdeuter(ドイター)のスパイダー30というモデルだ。カラーはレッドにした。白や黒などを選ぶことの多い自分としてはこのカラーは攻めてみたつもり。

特に「自転車用」というわけではなく、アウトドア全般に使用できるモデルだと思う。容量は「一泊旅行に耐えられる」という要件があったので、少し大きめの30Lにした。と、ここまでは基本情報。いよいよ本題、各方面からこのバックパックを見ていくことにする。

 

deuter(ドイター)スパイダー30をレビューする

デザイン面 ★★★★☆

IMG_6216

前述の通り、今回は少し攻めてみた。身に纏うものの色は黒系か白系が多いのだが、このバックについては赤=REDを選択した。我ながら見事なチョイスだったと思う。赤が映えてすごく新鮮な気分だ。バック全体としてのデザインも普段の町歩きで都会を歩いても全く遜色ない。もう少しごつかったらアウトドア感というか登山感が出てしまっていたと思う。ギリギリの線でかっこよさを醸し出せていると思う。なのでデザイン面は星4つ。

 

機能面 ★★★★★

IMG_6217

何と言っても最大の売りは背面のドイター エアストライプシステムだろう。これのおかけで背中部分の通気性が良くなるだけではなく、体へのフィット感が高まる。そのフィット感は抜群だ。正直ここまでとは思っていなかった。購入翌日にデジタル一眼レフ(EOS 60D)とMacBook Airと長財布を入れて出かけたのだが、長時間の歩行にも関わらず体にかかる負担はほとんどなかった。というかこれだけ重量のある荷物を入れているのに重さを感じない。こんなバックは初めてである。アウトドア用のバックってどれもこんななのだろうか?とにもかくにもdeuterのバック恐るべし。今年購入したものの中ではロードバイクに並んで一番感動したかもしれない!バックの根幹に関わる「ものを入れて運ぶ」という機能が優れているため、これだけで文句なしの星5つ!

IMG_6218

 

容量・収納面 ★★★★★

続いてこちらもバックとして重要な容量と収納面。まずはメイン部分。十分に荷物を格納することができる。↓の写真では試しにヘルメットとMacBook Airを入れてみたが、まだまだ全然余裕がある。目的としていた一泊旅行でも問題なしに使えるだろう。

IMG_6223

こちらは下部の収納部分。メイン部分とはセパレートされているので分離して荷物を入れたいときに便利だ。濡れたものとか汚れたものとかかな。サブの収納だがスニーカー程度だったら余裕で格納可能。仕切りはジッパーで外すこともできるので、メインとブチ抜きで大容量の荷物を入れることも可能だ。

IMG_6224

他にもサイドのネット部分にはペットボトルやちょっとした小物を入れておくことが可能だし、大きめのポケットがあるので私はここには財布などの素早く取り出したいものを入れたりしている。

IMG_6222

背面の紐も使い方によっては色々なものをくくることが可能だ。ヘルメットフォルダーは付いていないが、この紐にくくっておくことも可能なんじゃないだろうか。

IMG_6221

 

期待以上のバックパックで大満足!総合評価は★★★★★

実際にカメラとパソコンを入れて池袋を散策してみたり、ロードバイクにも乗ってみたが文句なしに最高のバックパックだ。今の所不満な要素は一つもないと断言できる。先にも述べたが、ロードバイクと並び今年ここまでで一番の買い物だったと言える。それだけ満足度の高いバックパックであると言える。

ロードバイクに乗っても、あれだけ悩まされていた背中や肩の痛みがピタッと治まった!お見事ドイター!重い荷物をここまで快適に運んでくれるとなると、行動範囲が広がるなあ。ロードバイクメインで購入したバックだが、カメラを入れてお出かけなんてことにも向いているのかもしれない。今度の週末はdeuterのバックパックで撮影散歩に出かけてみようかなー。

 

↓一年使ってみての感想も書いてみました!

 

スポンサーリンク