週の真ん中に10km走ることにした理由 ―10kmを50分で走るためのトレーニング 19日目―

10kmを50分で走るためのトレーニングの19日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

10km

 

スポンサーリンク

 

 

19日目のトレーニングメニュー:10km インターバル走

インターバル走とは
走りに「緩急」をつけることで、持久力とスピード両方のアップをさせる効果がある。一定の距離をゆっくり走る→そこから一気に加速→またゆっくり走ることを繰り返すトレーニング。

足の負傷の具合はまだなんとも言えないが、痛かったらメニューを変更するつもりでインターバル走を選択した。心肺機能と身体を追い込んでおきたかったので。しかも今日は週の真ん中・明日は仕事にも関わらず10kmを走ることに(理由は後述)。

いざ走りだしてみる。中1日で走っていたのと中4日空けたことの差だろうか。出だしでやや体が重いと思ったものの、波に乗ってしまった後は非常に快調に走ることができた。気がつけば夜間10kmでは初の55分台を出せそうな勢いだった。ラストの信号でペースダウンしギリギリで56分台となってしまったが、それでも4月以来の56分台である。

今日走ってみてはっきりしたことがある。私の場合、一定のペースで走るよりもインターバル気味に緩急を繰り返して走ったほうがタイムが出る。前回56分台を出した時もそうだし、確か7kmのベストタイムもインターバルで出したはずだ。きっとこの走り方のほうがリズムに乗りやすいのだと思う。マラソン大会本番もこの走り方で行こうかな。

 

19日目の結果

  • 走った距離
    10.03km
  • タイム
    00:56:02
  • ラップ
    1.00 km 6:22 min/km 9.40 km/h 6:29 – –
    2.00 km 5:23 min/km 11.13 km/h 12:00 – 5 m
    3.00 km 5:54 min/km 10.15 km/h 17:51 5 m –
    4.00 km 5:17 min/km 11.34 km/h 23:16 – –
    5.00 km 5:56 min/km 10.09 km/h 29:05 2 m –
    6.00 km 5:12 min/km 11.51 km/h 34:10 – 8 m
    7.00 km 5:36 min/km 10.69 km/h 40:04 – –
    8.00 km 5:05 min/km 11.77 km/h 45:07 7 m –
    9.00 km 5:33 min/km 10.78 km/h 50:47 – –
    10.02 km 5:16 min/km 11.36 km/h 55:49 – –

 

週の真ん中に10km走ることにした理由

ジョギングを本格的に始めた1月から、週中(火曜とか水曜とか)は7km、週末(金曜とか土曜と)は10kmを走ることにしていた。これは7km程度であれば30分ほどで走りきることができるため、翌日仕事があってもメンタル的な負担が少ない。10km走るとなると1時間程度は拘束されるため、翌日が休みのほうが精神的によいと考えていたのが理由だ。

が、自転車を趣味に加えてから少し状況が変わった。ロードバイクに乗るのは主に土日である。金曜or土曜に10kmを走るとそのダメージが土日まで残っていることが多く、ロードバイクに乗る時に影響するようになっていた。特に10kmのインターバル走やビルドアップ走など追い込み系のトレーニングをした時が顕著だ。

10月のマラソン大会に向けてじゃんじゃん追い込んでいかなければいけないわけであり、ここでロードバイクのために緩めるわけにはいかない。でもロードバイクも楽しくのりたい。そこで思いついた術、「週中に10km走って週末7kmにしたらいいんじゃね?」。

7kmだと距離も短いのでやや負担は減る。問題は週中帰宅後に1時間拘束されることに対しての精神的なストレスだろうか。とりあえずしばらくやってみることにして別の問題がでたらまた考えよう。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。