ロードバイクで使えるバックパックを買うことにした! ―バックパック購入計画―

今、ロードバイクに乗る時に使っているバックパック(リュック)は少し安価なペラペラなタイプである。型がしっかりしてないので荷物は下に下がってしまうし、あまり使い勝手がよくない。自転車用に購入したものではないため、走り終わると汗でびっしょりになってしまうし、肩からずり落ちてしまったりもする。

サドルバックも購入するものがほぼほぼ決まったので。。。次の購入ターゲットはロードバイクで使うためのバックパックに決めた。それでは購入計画シリーズ第4段「バックパック編」いってみましょう!といっても実は今回は事後報告だ。先日買い物に行った時に思わず衝動買いしてしまったので…。よってすでに結論は出ているのだが、購入にあたっての調査・検討はしていたので、それを改めて書き留めておくことにする。

post-2273

 

↓ちなみに過去の購入計画シリーズはこちら↓
第1弾:スポーツバイク購入計画
第2弾:ロードバイク用ドリンクボトル購入計画
第3弾:ロードバイク用サドルバック購入計画

 

スポンサーリンク

 

 

まずはどんなバックが必要かを考える

ロードバイクに乗るためのバック

まずはバックパックを購入するにあたってのどんなものが必要かを考えてみる。当然、ロードバイクに乗る時がメインにはなる。となると今使っているバックでは不満な「型がしっかりしている」とか「ずり落ちてこない」などといった、ロードバイクに乗るために快適であることがあげられる。背中へのフィット感だったり、汗を逃してくれるような通気性もこれに当てはまるのかな。

ある程度の荷物が入ること

次に容量面だが、ロードバイクに乗る際にもある程度の荷物を背負っている。頻度は少ないもののMacBook Airだったり、一眼レフEOS 60Dだったりを入れることもある。また、このバックはせっかくなので出張など一泊くらいの旅には使えるものにしたいなあと思っている。そういうバックを持っていないため、現状はその都度嫁さんからレンタルしているのだ。よって容量面ではそれなりの荷物が入る必要性がある。

最低限見た目がカッコいいこと

ロードバイクに乗る上でカッコいいか否かはモチベーションに大きく影響する。単純なかっこよさに加えて「自転車乗りっぽさ」を損なわないこともここでは重要となる。ドリンクボトルを購入した時サドルバックを検討した時も私がこだわったポイントだ。ただし、今回は自転車以外でも使うことを想定している。一泊旅行だったり、あわよくば普段の外出でも使えたらなあなんて思っている。カメラバック持ってないし…。なので、「自転車乗りっぽさ」に加えて「普段使いに耐えられる」ということも重要な要素となる。

 

購入するバックバックの条件まとめ

よし!だいぶ自分が欲しいバックパックの要件がまとまってきた気がする。やっぱり文字に起こしてみると考えがまとまりやすいなあ。そのだいぶまとまった考えをさらに文字でまとめて整理してみよう。

まとめ

・バックパックとして最低限ちゃんとしている
└型崩れしない
└ずり落ちてこない

・ロードバイクを乗る上で快適である
└背中から腰にかけての通気性
└体へのフィット感

・ある程度の荷物を入れられる容量
└一泊程度の旅行で使える
└一眼レフカメラやノートPCの重量にも耐えられる

・見た目がかっこいい
└自転車乗りっぽさがでていると良い
└普段使いにも耐えられるかっこよさ

 

よし!さらにまとまった!それではここから実際にどんなバックがあって、この要件に当てはまっていくのかを見ていくことにしよう。詳しくはまた次回ということで。とりあえずはザザザザザーっと調べてみると、こんなの↓が目に付いた。これらを次回深掘りしていきます!お楽しみに!何かを買う時って調べてる時が一番テンションあがりますよね。

 

 

スポンサーリンク