雨の日の夜にメガネで走るのは危険! ―しばらくは自由気ままに走ります 6日目―

マラソン大会では10lm=50分の目標を達成した。次の目標が決まるまでは自由気ままにのんびりとiPhoneアプリ「Runtastic」を使ってジョギンングを楽しんでいく。今月はマジでやばい!雨だったり仕事が忙しかったりで全然走れていない…。ジョギングだけだったら18kmしか走ってない…。というわけで今日は1週間空いての10kmラン。

10km

 

スポンサーリンク

 

 

今日のジョギングメニュー:7km インターバル走

ペース走とは
最初から最後まで一定のペースで走り続けるトレーニング。持久力の向上とともに、特定のペースで走り続けることができるようになる。

 

さすがに11月も末になると風が冷たくなって「寒い」と感じるようになってきた。いつの間にか走る時のウェアも変わってきている。まだロングスパッツの出番はないものの、上は長袖シャツとウインドブレーカー、頭にはとうとうニット帽をかぶるようになった。寒くなってくると怖いのは怪我である。身体が暖まってないのに走ったりすると、ブチッとどこかが伸びたり切れたりしてしまう。ここ最近は太もも裏やふくらはぎに痛みを感じることが多いので、特に念入りにストレッチをすることにした。

そして今日のメニューは10kmのペース走。いざ走りだしてみると、、、一週間休んだだけあって体が軽かったし、心肺も快調だった。5km過ぎまで5:30分のラップで走ったが息はほとんど乱れていなかった。7kmあたりでふとある考えが頭をよぎった。自己最長距離に挑戦してみよう、と。

というわけでいつもよりも4km多く14kmの距離を走ってみた。まず感じたのが、10kmを越えると体にかかる負担がまるで違う。最後の1kmは体がバキバキになっていた。そして心肺はというと5;30のペースであれば余力を持って走れるなと。予想通り、身体的な負担の方が大きく感じるという結果となった。目標を決める上での参考にしよう。

 

今日の結果

  • 走った距離
    14.10km
  • タイム
    01:19:53
  • ラップ
    1.0 km 05:59 min/km – –
    2.0 km 05:36 min/km – –
    3.0 km 05:36 min/km – –
    4.0 km 05:39 min/km 5 m 5 m
    5.0 km 05:31 min/km 2 m –
    6.0 km 05:29 min/km – 7 m
    7.0 km 05:30 min/km – –
    8.0 km 05:39 min/km – –
    9.0 km 05:36 min/km 7 m –
    10.0 km 05:47 min/km – 5 m
    11.0 km 05:40 min/km – –
    12.0 km 05:35 min/km – –
    13.0 km 05:29 min/km – 1 m
    14.0 km 05:56 min/km 6 m –
    14.10 km 07:46 min/km – –

 

雨の日にメガネで走るのはやめましょう(特に夜)

これは今日ではなく、前回走った時のお話。前回走った時は雨が降っていた。といっても走れるくらいの雨だ。雨が降っていることに気が付かなかった私は雨用の装備であるコンタクトレンズではなく、メガネで外に出てきてしまった。そこまで強い雨ではなかったので、まあ大丈夫だろうとそのまま走ることにした。この選択が運の尽き…。レンズが雨に濡れて視界がかなり限定されてしまう。ジョギングしていると前方に進むので、ただ立っているよりも雨の受け方も多くなる。雨の日に車のワイパーを動かさずに乗っているような状態だ。

しかも私は夜間に走るので、レンズについた水滴が車のヘッドライトに反射してかなり眩しくなる。濡れてないところに意識を集中して何とか視界を確保している状態だ。おまけにこの日はやや気温が低かったので、信号などで止まるとメガネが曇り始めた!ますます視界が限られてしまい、さすがにスピードを緩めざるを得なかった。車の通行量が多い道はあまり走らないので事故など危険性は低いが、足元が見えなくなるため路面の段差等に気が付かないため非常に危険だ。何度も足を取られそうになってしまった。

というわけで、夜間+雨中でのメガネをかけてのジョギングは非常に危険であるというお話。これが昼間だったら変わるんだろうか?宗兄弟とかメガネのランナーだったし(古い…)。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。