もしも空から10万円が降ってきたら買いたいロードバイクはこれだ!

もしも空から10万円が降ってきたら何を買いますか?私は迷わず新しいロードバイクを購入する。今所有しているiWant R1に満足していないというわけではないが、より良い自転車がどんな乗り心地なのかに興味があるためだ。

post-3562

とはいえ10万円というとロードバイクを購入するには少々心もとない額である。いつ空から10万円が降ってきてもいいように今のうちから10万円で買えるロードバイクを調査しておくことにしよう。

 

スポンサーリンク

 

 

空から10万円が降ってきたら買いたいロードバイク

調査すると言っても私はまだロードバイク歴半年足らずの初心者である。正直なところスペックとかロードバイクの良し悪しをよくわかっていない。なのであくまでも初心者目線で見た目と価格に重きを置いて選定していくことにする。価格的にもちょうどエントリーモデルくらいしか買えないし。。。

GIANT DEFY4:¥85,000

post-3562-1

街中でクロスバイクであるGIANT ESCAPEを目にする機会が多いので、GIANTは初心者にとってはとっつきやすいブランドかもしれない。10万円前後の車種も充実しており、選択の幅が広い。特にDEFY4については10万円を大きく下回り非常に魅力的だ。近所の自転車屋では6万円台で売られているのも目にしたことがある。空から降ってくるのは10万円なので、DEFY4を購入してお釣りを他のパーツに回すといった使い方もできる。価格面ではその他のブランドを一歩リードといったところだろうか。

 

SPECIALIZED ALLEZ E5:¥104,000

post-3562-2

続いて真っ先に頭に浮かんだのがSPECIALIZEDのALLEZ E5だ。まずブランド名であるSPECIALIZEDの響きとロゴに一目惚れしてしまったというのが大きい。ブランドロゴの見た目から入ったSPECIALIZEDだが、バイク自体のデザインも秀逸である。個人的に特に気に入っているのはトップチューブが緩やかな曲線を描いているというところ。この曲線だけでそれっぽさを醸し出している。私にとっては憧れとも言えるSPECIALIZEDのロードバイクがALLEZ E5であれば10万円で手に入る。10万円降ってきたら真っ先に候補に上がるブランドだ。

 

SCOTT SPEEDSTER 50:¥105,000

post-3562-3

続いてSCOTTからSPEEDSTER 50という車種。これもロゴ含めて見た目的にすごくかっこいい。SCOTTだけではないが、予算が10万円になるとサイズ展開が豊富になる。XXS/XS/S/M/L/XLと6種類のサイズから自分に合ったものを選択することができる。iWant R1の時は1択だったのでこれは嬉しい限りだ。自分の体にマッチしたサイズのロードバイクに乗れるということは大きなメリットである。車種名が「SPEEDSTER」ってのもなんだか速そうでかっこいいなと。

 

GIOS FENICE:¥101,800

post-3562-4

GIOSはイタリアの自転車メーカーでクロスバイクのMISTRALで有名だ。GIOSの10万円付近のロードバイクといえばFENICEという車種である。他のブランドとは異なり、なんとGIOS FENICEはクロモリロードなのだ。フレームが細くGIOSブルーとマッチして非常に美しく見える。クロモりには独特の乗り心地を感じることができるというのはよく聞く話なので、空から10万円が降ってきたら思い切ってクロモリロードを買ってみるのもアリかもしれない。ただ、、、スポーツバイクっぽさは薄くなるかな…。

 

Cannondale CAAD8 SORA:¥125,000

post-3562-5

そして続いてはアメリカの自転車ブランドCannondaleからCAAD8 SORAをピックアップ。こちらは他のブランドのモデルよりも若干高価であり¥125,000という価格だ。だから10万円が降ってきたら足りない25,000円は自分で負担しなければならない。街中やサイクリングロードでは圧倒的にCannondaleの自転車を見かける率が高い。それほどローディーの先輩方から愛されているブランドであるので、25,000円程度の負担であれば全く問題はない。トップチューブがフラットであることが他のブランドの車種とは異なる。前傾がきつくなりそうだが試してみたいなあとは思う。

 

Khodaa Bloom Farna 700-Claris:¥85,000

post-3562-6

そして最後はジャパニーズブランドKhodaa Bloom。こちらは今所有しているMomentumと同じホダカという会社が手がけているブランドだ。Momentumよりもやや高価で本格的なロードバイクがラインナップされている。その中からFarna 700-Clarisをピックアップ。ここまでMomentumの自転車に乗っていて快適なので同じホダカ社のブランドにグレードアップするのもアリかもしれない。価格もGIANT DEFYと並んでリーズナブルだ。他のブランドの候補に比べて選択できるサイズがやや少ないのはマイナスポイントか。

 

明日10万円が降ってきたら買うのはこれだ!

というわけでもし空から10万円が降ってきたら買いたいロードバイクを6種ピックアップしたが、案の定超素人目線のほとんど見た目と価格のみでの剪定となってしまった。ではもしも・・・明日空から10万円が降ってきたらどれを買うか、、、。今現在の私の気持ちからするとSPECIALIZED ALLEZ E5を購入すると思う。もうこれはほとんど見た目重視の直感であり、それだけSPECIALIZEDへの憧れが強いということだ。

じゃあ明日ではなくてもっと先だったらどれを購入するのか?それはここから先、さらに自転車に乗っていっていろんなことを覚えて感じるにあたって変わってくると思う。だから現時点では結論はまだ出せないというのが正直なところ。だからこの先は「次にどんなロードバイクに乗りたいのか?」ってことを頭に置きながら乗っていくのもいいかもしれない。そうすることで今乗っているiWant R1の弱点だったり、その弱点を補うにはどのブランドのどの車種が適切なのかが見えてくるかもしれない。最後に、、、明日でなくてもいいので、いつの日か空から10万円が降ってこないかなあ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。