夜間走行でも安心!DOPPELGANGER LEDアームバンド レビュー

埼玉サイクルエキスポにてDOPPELGANGERのブースを覗いているとスタッフのお兄さんからLEDのアームバンドを勧められた。腕に巻くことのできる光るライトだ。夜間暗い道を走る時に危険を回避することが使用の目的である。あまりロードバイクに夜間乗ることがないので、購入を渋っているとふと思いついた。「ジョギングで使えばいいじゃん!」と。今回は500円でゲットしたDOPPELGANGER LEDアームバンド をレビューしていく。

IMG_4375

 

スポンサーリンク

 

 

暗闇を走る危険性

ロードバイクは昼間に乗ることが多いものの、ジョギングとなると話は別だ。私は仕事が終わり帰宅してからジョギングしているので、基本的には夜遅くに走っている。そこまでの田舎道ではないが、中には街灯が少なく真っ暗闇に近い道もあったりする。一応手持ちのLEDライトを持って走っているのだが、よっぽど着ているウェアの色味が暗いのか、駐車場から出て来ようとする車に轢かれそうになるなることもしばしば。腕に巻くタイプのライトも欲しいなあ、と実は思っていたのだ。

どうやったって暗い道ではそこに人がいることが見えにくくなる。特に私は深夜に近い時間帯に走っているため、ドライバーからすればそんな時間に人がいることを想定していないのだろう。こちらが注意しなかったり、スピードを緩めなかったりしたら・・・なんて場面にはこれまで何度も遭遇している。だから「人がいるアピール」はしつこいくらいに必要だ。暗闇でアピールするとなると有効なのはやっぱり「灯り」なわけなので、手持ちのLEDに加えてアームバンドでダブルアピールをしてみようかと考えた次第。

 

DOPPELGANGER LEDアームバンド レビュー

IMG_6083

左側マークがある箇所にスイッチがある。少し固めの作りなので、強めに押さないとライトは点灯しない。軽く触れただけだと誤操作が生じるのでこれくらいは許容か。マジックテープ等で巻きつけるタイプではなく、腕に巻くとパキパキパキっと腕にフィットした形に変形して固定される。非常に安定していて気にならずに走ることができた。

IMG_4375

光り方は常時点灯/はやい点滅/ゆっくり点滅の3段階。暗闇の中では「はやい点滅」がもっとも効果があるような気がする。最初上腕に巻いて走っていたが、途中から手首に変えた。上腕だと着ている服がバンドにかぶってしまい、明るさを軽減しているように感じたためだ。どちらが効果が高いかは今後も検証していくつもりだが、巻き心地としてはどちらでも気になるということはなかった。むしろ巻いていることを忘れるくらいに快適だった。

なぜか某大手通販サイトのレビューでは「ボタンが押しにくい」「うまく巻けない」「巻くと痛い」と酷評されているようだが、決してそんなことはない。普通に道具を扱える知能を持った人間であれば、押しにくいこともうまく巻けないこともなく、直感的に問題なく使用することができる。ただし、「明るさが少し弱い」という意見については同感。もう少しはっきりと光ってくれることを期待していた。まあ、ライトがむき出しではなくカバーで覆われているのである程度は仕方なしなのだが。

とはいえピカピカ光らせることが目的ではないので、この明るさであっても暗闇でランナーだと視認されれば何ら問題はない。このバンドを数回つけて走ってみたが、横断歩道等で車が止まってくれるケースがこれまでよりも多い気がした(いや本当に)。なのでドライバーからすればそれなりに視認できるレベルであると思われる。

暗闇での明るさはこんな感じ

ちなみに暗闇でどのくらい光るのかを動画で撮ってみた。街灯がないような本当に真っ暗な道であれば、足元を照らす目的も含めて手持ちのライトも持って走ったほうが、よりリスクを軽減できる。例えば店舗や街灯などである程度明るい街を走るのであれば、このLEDアームバンドだけでも目的は果たせるかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。