東京マラソンに出てみたい! ―ハーフマラソン完走のためのトレーニング  20日目―

ハーフマラソンを完走するためのトレーニングの20日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

84fc14e277f7d6fe6be3385aa3787bf4_s

 

スポンサーリンク

 

 

東京マラソンに出てみたい!

先週末は東京マラソンが開催されていた。秋口の抽選で外れてしまった私は、一生懸命に走っているランナーの皆さんをTVモニター越しに羨ましそうに眺めていた。そこで改めて思う。東京マラソンに出てみたい!と。それにしても皆さん、余裕を持って走ってらっしゃるなあと。私なんか10kmを超えた辺りから肉体が悲鳴を上げ、13-14kmくらいには太ももがパンパンになり足が前に出なくなってしまう。

に対して、東京マラソンで映しだされるランナーの皆さんは、華奢に見えるキレイなお姉さんも35kmあたりの地点を軽快に優雅に走っていく。そりゃあトレーニングはしているんでしょうが…いったいどんなメニューを消化しているんだろう?私のトレーニングも頻度はそれほど少なくないとは思うのだが、、、距離やメニューがよくないのかな?やっぱり素人・独学の限界なのかしら?

今日のトレーニングメニュー:10km LSD(LongSlowDistance)

LSD(LongSlowDistance)とは
長い距離をゆっくり走る練習のこと。一定のスローペースを保って長時間走ることで有酸素運動の能力をアップさせることを目的としている。1分あたり7-8分と会話が出来るほどのゆっくりとしたスピードで長時間走るようにする。

といろいろな事を考えてすぎて前に進まないのはよくない。まだまだ先の、出場権すら得ていない東京マラソンを夢見るよりも、2ヶ月後に迫った大凧ハーフマラソンのことを真剣に考えなくてはならない。ぼちぼちトレーニングの成果を感じたい時期であるが、走りこみが足りないため全然その実感がない。というかようやく体調が戻り、本格的にトレーニングに集中できるようになったところだ。少しだけ焦りつつ走っていくしかない。

いざ走りだしてみると、、、週末のロードバイクのダメージが少し残っていた。今週末は引き足のペダリングを意識して漕いだらけっこうな筋肉痛になった。引き足では普段使わない筋肉を使っているということか。この記事はロードバイクの話ではないので元に戻す。今日は10kmで走るのを終えた。最近13kmくらい走るようにしていたので、3km少ないだけで距離が短く感じたような気がした。お!これは距離に慣れてきたということだろうか。成果が出るとそれがモチベーションになる。残り2ヶ月がんばって走ろう。

今日の結果

  • 走った距離
    10.12km
  • タイム
    00:57:26
  • ラップ
    1.0 km 05:59 min/km – –
    2.0 km 05:31 min/km – 5 m
    3.0 km 05:33 min/km – –
    4.0 km 05:37 min/km 5 m –
    5.0 km 05:59 min/km 2 m –
    6.0 km 05:40 min/km – 8 m
    7.0 km 05:40 min/km – –
    8.0 km 05:27 min/km – –
    9.0 km 05:36 min/km 7 m –
    10.0 km 05:25 min/km – –

 

 

スポンサーリンク

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。