お祭りの屋台をノスタルジックに撮る! ―カッコいい写真を撮りたい 53枚目―

写真の上達を目指して毎週一枚、その週にCanonのデジタル一眼レフカメラEOS 60Dで撮影した写真をあげていきます!

 

スポンサーリンク

 

 

タイトル「イロトリドリ」

IMG_0134
  • タイトル:イロトリドリ
  • カメラ:Canon EOS 60D
  • レンズ:18-200mm TAMRON
  • f値:6.3
  • シャッタースピード:1/125
  • ISO感度:2500
  • ホワイトバランス:日陰
  • 露出補正:0EV

お祭り三部作の第三弾です。今回のお祭りには2つ目標を持って挑みました。一つは前年惨敗していたお神輿の写真をかっこ良く撮ること。そしてもう一つはたくさん並ぶ屋台・出店をどうにかかっこ良く撮影することです。最初はあんず飴の屋台や綿あめの屋台を狙ったのですがいまいち上手く行きません。次にたこ焼きやお好み焼きの屋台を正面から狙おうとしたのですが、人通りが多すぎで思うような写真になりませんでした。

少し諦めモードが漂う中、息子が「スーパーボールすくいがしたい!」と言い出したので付き合うことに。息子はほぼ毎年チャレンジしているのですが、写真を撮るという目線でこの屋台を見ることはありませんでした。よくよく見てみると色とりどりのスーパーボールがとても美しくて楽しげな雰囲気を醸し出しています。また、水に浮いているのでそこに涼しさも感じ取ることができました。お金も払わずに撮影していると怖そうなお兄さんに怒られそうだったので、チャンスは息子がスーパーボールをすくっている間だけになります。思いの外時間がなくて結局3枚しか撮ることができませんでした。

それでも自分自身は集中していたと思っています。どのような写真を撮影したいのかが明確にイメージ出来ていて、それに合わせて撮影するという感じでした。まず、構図は斜めにしてスーパーボールが流れている雰囲気を出しました。ピントは手前に合わせ奥をぼかすことで奥行きを表現します。そして今回の写真のポイントはホワイトバランスです。「日陰」に設定することで赤みを強く出しました。屋台のライトといい感じに溶け込んでノスタルジックな雰囲気を出すことができたと思います。これをたった3枚の撮影の中ででき、自分的にはイメージに近い満足できる写真を撮ることができたのが収穫です。

今年のお祭りは撮れ高が多くとても満足できるものとなりました。正直、人混みの中デジイチをぶら下げて歩くのは躊躇したのですが、持っていって良かったです。でもやっぱりけっこう神経は使ってカメラを守りました。それでも小学生がドンとカメラにぶつかってきて冷や汗をかきました…(汗)

 

これまでに撮った写真はこちら↓

 

スポンサーリンク