動物が近い!家族で楽しめる那須サファリパーク!! ―カメラぶらぶら街歩き vol.11―

IMG_0133

久々の街歩きシリーズです。先日、家族で那須サファリパークに行ってきました。一応、一眼レフカメラEOS60Dを持って行ったのですが、「動物を撮ってもなあ…」と行く前は期待薄でしたが、意外にも自分的にはいい感じの写真が撮れたので、それと一緒に感想をレビューしたいと思います。

駐車場は満杯でも待てばすぐに空く!

サファリパークということだけあって車に乗ったままチケットを購入することができます。そのまま自家用車で園内を回ることもできますし、サファリパークのバスに乗り換えることも可能です。やっぱり動物たちと触れ合うと車は汚れてしまうので(洗車場はあるみたいですが)、我が家はバスに乗ることを選択しました。その場合、チケットを購入したあとに駐車場に自家用車を駐車します。が、行った時間がすごく混雑している時間帯で駐車場は満杯状態でした。第二駐車場に案内されましたが、そこもいっぱいです。「かなり待つことになるな」と覚悟を決めたのですが、すぐに駐車場は空き無事に停めることができました。

実際に自分たちがサファリパークに入ってみてわかったのですが、普通の動物園よりもサファリパークは回転率が高いようです。それもそのはずでサファリパークの場合はバスや自動車で動物たちを見ることになるので、徒歩で動物たちを見て回る普通の動物園よりも滞在時間は短いです。実際に車で動物を見た時間は30分ほどでしょうか。その後、お土産を買ったりしても小一時間で堪能することができます。食事をすればもっと時間もかかりますが、それでも普通の動物園よりも回転率は高いでしょう。だから駐車場が満杯状態でも諦めることなく少し待てばそれほど時間がかからずとも駐車することができるのです。

近くで見る動物に大興奮!

さてさてここからはEOS60で撮影した写真と一緒に振り返っていくことにします。バスを20分ほど待ち、いよいよサファリパークに突入します。入って早々に猛獣エリアがやってきました。ライオンやトラといった「これってメインじゃないの?」とも思える動物たちが早くも登場します。残念ながら夜行性の動物ですので、みんな眠そうでしたね。それほど活発には動いてくれませんでした。まあ、動きまくられても怖いかもですが…。

鹿さんの大群が織りなすサファリ感!

しばらくバスはいろんな動物の元を訪れて、その度に餌やりタイムで停車します。我が息子もこの餌やりには大興奮でした。ただ餌のお値段は・・・ここぞとばかりに高価ですね。バスの中で買ったほうが高かったのかな?

こちらの写真は後半戦にたくさんの鹿さんが群がっている場所で撮影したもののです。なんというかこの大群がサファリ感を出していると思うんですよね。だって普通の動物園でこんなに多くの鹿が群れているシーンはなかなか見ることができないと思うので。

間近で見るキリンとサイの大迫力!!

30分くらいでバスでのツアーは終了しまいた。ライオンやトラに元気がなかったのは残念でしたが、十分にサファリパークを満喫することはできたと思います。距離感が普通の動物園に比べてやっぱり近いですね。バスを降りたらちょうどお昼時だったので、レストランで昼食をとることにしました。基本的に満足度の高かった那須サファリパークですが、レストランだけは「???」って感じでした。とにかく出てくるのが遅い!そして狭い!1時間近く待ったかな…。予定していた1/3くらいの人数で回してたんじゃないかってくらいに後手後手のオペレーションでした…。

お腹がいっぱいになったところでもう少し楽しんで帰ろうということになり、今度は「サファリウォーク」に行ってみました。柵はありますが、サファリパークに徒歩で近づけるというアトラクションです。キリンやサイを間近で見ることができました。どちらも大きくて間近で見る大迫力に感動しました!

サイはとてもかっこいいですよね。角といいその質感といい、なんだか恐竜を想起させる動物だと思います。全体像というかフォルムがすごくカッコよくて、特に横からみたところがいい感じだったので、ちょうどそのような構図になったタイミングで撮影しました。やっぱり角がかっこいいなあ。

キリンのエリアは少し高いデッキになっていて、キリンの顔と近い高さで見ることができます。キリンはキリンでその大きさに感動しました。ここでは少し工夫して撮影してみようと思いました。まず柵をフレーム代わりにして有効活用してみました。さらにはこの日はすごくいい天気だったので、空に明るさを合わせてキリンの顔をシルエットにしてみました。

サクッと短時間で楽しめるが…料金はお高め

結論として普通の動物園とは違った角度から動物を楽しむことができました。旭山動物園に行った時もその見せ方には感動しましたが、この那須サファリパークの動物との距離感もとてもおもしろかったです。子供も動物と近くで触れ合うことができてとても漢族連れとしてはとても満足度は高かったです。ただ…料金はお高めですね。入園料=大人2,800円に加えて、バスの乗車料で1,100円、合計で一人あたり4,000円ほどかかります。さらに動物のエサが1.000円しましたので、家族で行くとなかなかの金額になりますね。それでも普通の動物園でできない体験もできますので、これだけのお金を払う価値はある?のかな…。

気ままな写真記事、随時更新中!カメラぶらぶら街歩きシリーズ まとめ

2017.07.27

北海道 サロベツ原野〜旭山動物園を撮る! ―カメラぶらぶら街歩き vol.3―

2015.06.12

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。