Smart Keyboard[スマートキーボード]があればiPadをパソコンのように使える!!

IMG_0464

iPad ProとApple Pencilを購入したのは先日ご報告差し上げた通りだ。その使い勝手は最高で、仕事でもプライベートでも手放せない存在になりつつある。そして、実はApple PencilだけでははくSmartkeyboardも同時に購入していた。さらに実はこのSmartキーボードもかなり重宝しているのだ。

Apple渾身の Smartkeyboardの使い勝手は?

Smartkeyboardはアップル純正のキーボードである。純正がゆえに無駄な操作をすることなくiPad Proと接続ができる。Bluetoothの設定すら必要なく、iPadの側面を Smartkeyboardのマグネット部とカチッとくっつけるだけですぐに使えるようになった。Apple純正だからこそできるスムーズな接続だと感心した。

PCやMacと遜色ないスピードでのタイピングが可能

IMG_0473

それではキーボードとしての機能はどうだろうか?キーボードの機能として最も大切なのは「打ちやすさ」であることは異論ないと思う。見るからにペラペラであり、打刻感のなさそうなSmart keyboardの見た目からは「打ちやすさ」はやや遠い言葉にも聞こえそうだった。

が、少しタイピングしただけでその印象は覆される。はっきり言おう、私的にはPCやMacと比べても遜色のない打ちやすさだと感じたし、タイピングのスピードでも劣っているとは感じない。会社で使っているV●IOのキーボードの方がよほど打ちにくい。見た目の印象とは異なりタイピングについては基本的には心配する必要はないと感じている。

各種ショートカットは長押しのストレスから解放してくれる!

IMG_0472

キーボードが使えるということはショートカットも使えるということだ。iPad Pro + Smartkeyboardの組み合わせもそれは例外ではない。特に重宝しているのは↓のショートカットとキーボード操作だ。

  • control+tab : アプリの切り替え
  • control+c : コピー
  • control+V : ペースト
  • shift+矢印 : テキストの選択
  • control+a : 全選択
  • command+スペース : スポットライト検索

他にもたくさんあるが、特に使っているのはこんな感じ。お気づきかもしれないが、キーボードがなければ長押しによる操作が多い。つまりは長押しが結構なストレスとなっていたということ。特にテキストを選択する時とかはイライラしてたもんなあ。

デメリットはタイプ音や文字変換…

IMG_0471

ただ、デメリットがないというわけでもない。私が感じるデメリットの一つはその打刻音だ。Macのそれと比べて深く打刻できない作りだからなのか、ややその音が大きい印象である。だから静か目な場所だと目立ってしまいがちになることはデメリットだと感じる。

もう一つは文字変換時の操作がMacと異なること。ここについては使用から1ヶ月が経ってようやく慣れてきた感じである。

  • Mac→タブキーで変換させたい文字を選択する
  • Smartkeyboard→スペースキーで変換させたい文字を選択する。

Macの場合は薬指で変換させていたが、Smartkeyboardはスペースキーであるため親指での押下となる。日頃から頻繁に使っている操作ということでこの違いにはなかなか慣れることができなかった。まあ、iPadを買ったといえどMacもPCも使っていたから仕方ないか。

カバーとしても秀逸で使い勝手は90点!!

IMG_0470

ただ今のところ感じているデメリットはこのくらいであり、タイピング目的としてはSmart keyboardは素晴らしいと感じている。さすが純正といったところか。また、SmartkeyboardはiPadのカバーとしての役割も併せ持っている。使用時はもちろんのこと未使用時にほぼ存在感を無くしつつもきっちりとディスプレイを保護してくれることに安心感を持つことができる。カバーとしても秀逸なSmart keyboardの満足度は90点といったところだ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。