NORTH FACEのビジネスリュック シャトルデイパック[NM81863]レビュー!

Aerのショルダーバッグはかっこいいのだが、MacBook Airと10.5インチタブレットと水筒などを入れるとさすがにワンショルダーだとツライ…。重さが一方の肩に集中するため肩が痛くて凝ってしまう。もう限界ということで新しいリュックを買うことにした。

NORTH FACEのビジネスリュックシャトルデイパック[NM81863]

Amazonに格安リュックがたくさん出ているので、それにしようかと思っていたのだがいろいろ調べているうちにNORTH FACEのリュックの値がだいぶ下がって来ていることがわかった。当初は2万円近くしていたので興味はあったものの候補にはならずにいたが、セールもあって1万円ちょっとで買えるとのこと。以前のMARKRYDENの格安リュックで失敗したこともあり、やや予算はオーバーしたがNORTH FACEシャトルデイパック[NM81863]を購入した。

収納がたくさんあって使い勝手がとても良い!

アウトドアブランドのNORTH FACE製ということだけあって非常に収納力に優れているし、細かく区分けされていたり、ポケットが沢山あるから使い勝手がとても良さそうである。

  1. フロント収納部×2(ポケット計5つ)
  2. メイン収納部(ポケット無し)
  3. ノートPC&タブレット収納部

上記の3つのエリアに区分けされている。特に気に入ったのが3つめのノートPCとタブレットが収納できるエリアだ。どちらか一方の収納ポケットが用意されているバッグは多いのだが、両方というとなかなか少ない。私は毎日MacBook AirとiPad 10.5インチを持ち歩いているのでこれは非常に助かる。他にも気の利いたポケットが沢山あるのだが、それらはけっこういろんなブログに載っているのでここでは割愛する。

NORTH FACEシャトルデイパックを背負ってみたらこんな感じ!

一方で、今回購入時に非常に困ったのがこのシャトルデイパックを背負っている画像をなかなか見ることができなかったこと。いや、公式の画像であるにはあるのだが・・・こんな風にストラップジャストで背負ったりしないんだよなあ…。

こんな風に背負う人っているんだろうか…?

こんな風に背負う人っているんだろうか…?

それと横から見たときにどれくらいの厚みになるのかも気になったのだが、そういう画像も見当たらず…。結局は日比谷ミッドタウン内のTHE NORTH FACE PLAYまで見に行ってしまった。通販の意味が薄れるよね…。

後ろから見たNORTH FACEシャトルデイパック

IMG_0314

ということで実際に背負ってみたらこんな感じという写真をあげてみる。まずは後ろから見た写真。公式のようにストラップジャストではなく、個人的にはこんな風にけっこう下げて背負うのが好き。リュック背負って街を歩いている人を見るとそういう人って多いと思うんだけどな…。ちなみにバッグの中のボリューム感は↓こちらをご参照を。

写真中のバッグの中身

  • MacBook Air 13インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • 折りたたみ傘
  • 水筒(350ml)
  • モバイルバッテリー
  • Air Podとかの小物

横から見たNORTH FACEシャトルデイパック

そして一番気になるのは横から見たとき=どのくらいの厚みになるのかという点。荷物を目一杯入れれば厚みが出るのは当たり前だが、少ないときにどうなるのかと。そこでも厚くなると不格好だと思うのですよ。この点って重要だと思うのだが、公式含めて「荷物を入れて背負っている時の横からの画像」が全然なかったんですよね…。ということで↓こちらが内容物は上記と同様で横から見た画像。

IMG_0318

全然許容範囲であるものの、けっこう厚みはあるなという印象だ。まあ、25Lの大容量が入るため致し方ない部分もあるが、シャトルデイパックスリム[NM81603]というより薄いモデルもあるので、薄さを求めるのならそっちを選択するのもアリかも。私自身もだいぶ惹かれたのだが、ミッドタウンにNM81603は実物がなくて弁当箱が入るかが確認できなかったので「大は小をかねる」ということでNM81863を選択した次第だ。

ということでバッグ好きが購入した2019年最初に購入したバッグを「背負ってみた感じ」視点でレビューしてみました。やっぱりバッグ買うのって楽しいなあ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。