スマホケースを手帳型にしても使えるランニング用ポーチがコレ!

IMG_0020

先日のiPhoneXS発売に合わせてこれまでのiPhone7から機種変更した。スマホを買えると色んなところに影響があるが、実はランニングやロードバイクにも影響する。今回はランニングでのお話。

NewBalanceのアームポーチを使っていたけど…

iPhone7の時代はNew Balanceのアームポーチ、つまりは腕に巻いて走るタイプのポーチを使っていた。私がランニング時に所持する荷物は「キーケース」と「スマホ」のみである。このうち、キーケースはランニングパンツの腰のポケットに収納するため、ポーチに求められるのはiPhone7が入るサイズである。

ジョギングしながらポケモンGO!new balanceランニング アームポーチレビュー

2016.10.18

しかもiPhone7は裸で使用していたから、それが入るジャストサイズのポーチであればいい。となると腕につけるアームポーチでも十分なわけであり、腰回りのポーチに不快感を感じていた当時の私はこのNew Balanceのアームポーチでランニングをするようになったのである。最初はつけている側の肩が凝るような感覚を覚えたものの、すぐに解消された。腰に巻くポーチに比べて走っているときの煩わしさがなくて、非常に快適にランニングをすることができていた。

スマホケースを手帳型にした結果…

で、iPhoneXSへの機種変更である。言うまでもなく、iPhoneXSはiPhone7とはサイズ感が異なる。だから裸で使った場合でもそのまま使うことはできなそうだった。しかも今回私はこちらの記事でもご紹介している通り、スマホケースを手帳型≒財布型にすることによって、財布レス化を企てていた。手帳型のケースを付けたままアームポーチにスマホが収まるわけがなく、ランニング用ポーチの買い替えを決意したのである。

スマホケースを手帳型にしても使えるランニング用ポーチ

というわけで最寄りのスポーツショップへ。久しぶりにランニングコーナーを物色した。ポーチ・バッグの類も多様なタイプがラインナップされていた。これだけあればアームポーチ型で手帳型のケース付きでも入るものがあるんじゃないかってにわかに期待する。やっぱりアームポーチの快適さは捨てがたかったので、できれば継続したいなと。が、その期待は脆くも崩れ去った。実際にケースに付けたままのiPhoneXSを入れようとするが、、、全然入らない…。どれもスマホがピッタリと収まるように設計されていた。手帳型どころかちょっとでも厚みがあるようなケースだと厳しいように思えた。

容量が大きいのはやっぱりウェストバッグ型

諦めてウェストバッグのタイプで探してみることにした。こちらはサイズも大きく見えるし、ペットボトルとかが収納できるようなものもあったりする。これなら大丈夫だと手にとって手帳型ケース付きのiPhoneXSを入れようとするが、、、またしてもなかなか入らない…。そう、サイズは大きく見えるものの、やっぱりそこはランニング用なので荷物は最小限といった感じにできている。さらには「スマホはここ」「小銭はここ」的に何をどこに入れるかが決まっていて、そのスペースもジャストサイズのものが多い。諦めモードが漂うなかスポッとケース付きのスマホが入ったバッグがあった。それが↓こちら。

多分きっと表面部分のクリアになっている箇所にスマホを入れることを想定しているでしょう。が、そこにはやっぱりケースをしたままでは収まらない。なのでもう一方のスペースに入れてみた。で、ここならなんとかケース付きでも入れることができた。たぶん小銭入れとか用のスペースかな。実際に腰に巻いてみても悪い感じはしなかったので、このウェストバッグ型のランニングポーチを購入することにした。

それなりのサイズだと走行時も安定する!

ということでいざ走ってみる。最近の私は腰痛に悩まされているため、腰にはZAMSTのサポーターを巻いている。だからウェストバッグ型だとその上から巻くことになる。以前使っていた↓こんなタイプのウェストポーチだと走っているうちにずり上がってきてしまい、それがものすごくストレスだった。それもあってアームポーチに変えたのだが、今回のバッグはどうだろうか?

結果から言うと、以前使っていたものよりもサイズが大きいし、腰に当たる部分がフラットになっていて、ちゃんと安定するようになっている。ベルト調整が固くて難があるものの、あらかじめ自分のウェストに合わせておけばそれなりに安定して走ることはできる。5回程度使い全力で走ったこともあったが、ずり上がってきてストレスになるようなことは一度もなかった。

IMG_0021

ただ、やっぱりアームポーチよりは煩わしさがあるかな。前述の通り、私は腰にサポーターを巻いて走るので、その兼ね合いで付けたり外したりが常に二重になるから面倒だ。アームポーチならさっと付けたり外したりができたから。とはいえ、手帳型≒財布型のようなガッチリとした大きめのケースを付けている場合はアームポーチではなかなか合うものが見当たらないので、ケースを優先するのであれば、このようなウェストバッグ型のポーチになってしまうのかも…。手帳型ケースを付けたまま使えるアームポーチがあったら即買いするのになあ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。