EASY REVIEW

ジョギングと写真とガジェットと。靴と鞄も少しだけ。

RUN

その効果はいかに?太もも用サポーター ZAMST[ザムスト]TS-1レビュー!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寒い時期はしんどいけれどもランニングする上での調子は上がる。真夏にあれだけ苦しかったのが嘘みたいに11月位からは快調に走れていた。頻度も高くてタイムも上がってた。これなら春先にはマラソン大会にでれるかな?と思っていた矢先に事件が起こる。

年末に右太もも裏を肉離れ!

年末のとある日も快調にランニングしていた。心肺に負担をかけるために残り2kmはラップ4分台のほぼ全力疾走をしていたのだが。その全力疾走中に右足に鋭利な痛みを感じた。ピキッ!という筋肉が剥がれているような痛みが右足の裏を襲う。ああ、やっちまった…。これは間違いなくいわゆるハムストリングと呼ばれる部位の肉離れである。幸い残り1kmというところだったので右足を引きずりながら家につく。歩けないほどではなかったのでそこまでの重度ではないはずだが、痛みは強烈だったため軽度でという感じでもない。体感的には1ヶ月は棒に振るくらいだと予測し、その予測が実際のものとなった。

怪我の中でも慎重にならざるを得ない肉離れ

この肉離れという怪我は非常にやっかいだ。捻挫や打撲であれば痛みと回復具合はほぼ比例する。つまりは痛みがなくなったら動かしても再発のリスクはそれほど高くはない。が、肉離れは違う。痛みが引いている場合でも筋肉への力の入り方次第では再発の可能性が生じる。いわゆる「癖になる」というやつであり、痛みがなくなったとしても復帰には慎重になる必要があるということだ。

太もも用サポーター ZAMST[ザムスト]TS-1レビュー

ということで1ヶ月間はノートレーニングで過ごし完全回復に努めることにした。で、年が明けて復帰戦を迎えるわけなのだが、どうも太ももが心もとない。CW-Xは履いているはずなのに力を入れることが恐ろしい。走り出したらまたピキッといきそうなのだ。なのでその日の復帰はスキップしてスポーツショップに向かう。より強固に太ももを保護するサポーターを購入するためだ。購入したのは安心のZAMST一択。太ももはTS-1というシリーズらしい。

ZAMST[ザムスト]TS-1をつけてランニングした結果

翌日はこのTS-1をつけてランニングをしてみた。サポーターをしたとはいえあくまでも慎重にスローランニングとし、痛みを感じたら即終了と決めて。結果的には痛みはほぼ感じることはなかった。が、残念なことにTS-1効果ではなく、単純に太ももが回復していたということだろう。なぜそう言い切れるかというと…TS-1は走ってたら外れちゃったんだもの!そう、マジックテープで止めるタイプのTS-1はランニング時に太ももにかかる衝撃の度にずれてしまい、1kmも走らないうちに外れてしまったのだ…。何度も巻き方を変えてチャレンジしてみたが全然ダメ…。結局諦めて後半は手に持って走った。

繰り返しになるが、この日の私はスローランニングとしていた。そのローペースですら外れてしまうのだから、スピードを上げた場合や、もっと激しいスポーツには到底耐えられないと思われる…。いったいこのTS-1はどういったシチュエーションでの使用を想定してるのだろうか?ウォーキング?まあ確かに歩いている分にはずれなかったけどさ…。腰や膝では大変お世話になっている信頼のZAMST製だったのでちょっとショックだった。あ、でも巻き方が間違っている可能性もあるのかな…。

 

スポンサーリンク

 

人気記事

1

今年の1月に購入したNORTH FACEシャトルデイパックはとっても気に入っている。ワタシが普段持ち歩いているアイテムがキレイに収まるし、大容量でプラスアルファも可能。そして何よりシルエットがカッコい ...

2

※この画像はイメージです。 ここ最近は怪我だらけ。特にひどかったのが左太もも裏の肉離れ、いわゆるハムストリングというやつだ。執筆当時で1ヶ月が経過し、ようやく痛みも引いてランニングに復帰できそうな段階 ...

3

超超超久しぶりのRedWingネタはなんと『【2018年版】夏にブーツを履くと暑苦しいのかを再検証してみた!』以来1年以上ぶりだって。スポーティーなファッションへの改造をしてみたりして服との相性的にR ...

-RUN
-

Copyright© EASY REVIEW , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.