ロード”風”バイクを再検討する -スポーツバイク購入計画-

いったんは「GIOS MISTRAL」の購入を決定したものの、周辺パーツと合わせると予算を大幅にオーバーすることが発覚。「何を買うのか」というところからの再検討が必要となった。

クロスバイク「GIOS MISTRAL」の価格が平均値で\45,000程度といったところ。必要なパーツにかかる費用がおよそ\12,000。予算的にはあわせて\40,000台程度に収めておきたい。つまりは自転車本体の価格としては\30,000~38,000程度に収める必要があるということだ。

 

スポンサーリンク

 

 

ロード風バイクの存在

もうこんなのほぼ無理なんじゃないかって思う。悔しいが私にスポーツバイクを購入する資格はないのだと。やはりお金のかかる大人の趣味であり、私のような精神年齢の低い貧乏サラリーマンが手を出してはいけないジャンルなのではないかと思ってしまう。

どうにかこうにか手はないかと考える。ふとスポーツバイクについて調査してた当初に行き着いた記事のことを思い出した。

初心者にオススメ!5万円以下の入門向けロードバイク
初心者向けロードバイク(予算5万円未満)

当時は「10万切るロードにまともなものはない」ということだったので、最初からあまり記事をちゃんと読んでいなかったし調べもしなかった。どうやらこのくらいの価格のロードバイクはパーツも重量も相応のものであり、純然たる「ロードバイク」ではない模様。ネット上では「ルック車」とか「ロード風」といったような呼称がついている。

 

クロスバイク選びで見えた本当の目的

ここでもう一度立ち返る。超がつくほどの初心者であるこの私、専門的なこだわりはなくこれからこだわりを持つつもりもあまりない。15km程度を速く移動できればそれで満足だし、持っているとしたらドロップハンドルへの憧れくらいである。

これはクロスバイクやMISTRALについて調べていくなかで至った結論である。だから本購入計画の初動の段階ではなかった発想だ。私は自転車という乗り物に対しては、カスタムや競技レベルのスピードというよりもあくまで「移動手段」として考えているようである。よってクロスバイクだとしても、ロード風のバイクだとしても、目的である「移動すること」を果たせる自転車であればネット上の呼称にこだわる必要は皆無なのである。

また、前述のとおりなぜかドロップハンドルに対しての憧れだけがなかなか消し去ることができていない。MISTRALを購入すると一度は決めたものの、フラットバーハンドルに納得がいかずドロップ化やブルホーン化について調べたくらいだ。技量が必要そうなので断念したが…。よし!多少強引な解釈のような気もするがまとまってきたぞ。いけそうだぞ。スポーツ(風)バイク、諦めずにすみそうだぞ!

  • 予算:自転車本体で\30,000台
  • 目的:15kmくらいをまあまあの速さで移動する
  • 憧れ:ドロップハンドル

 

安価なロード風バイクで再検討する

というわけで、クロスバイク「GIOS MISTRAL」の購入は断念し、安価な「ロード風バイク」を第一候補とし直すことにした。冒頭の記事を見た限りでは、「ロード風バイク」の中ではロードバイク感を味わえたり、価格の割にはパーツ等も頑張っているものが多いようだ。否定的な意見もあるが肯定的な意見も見受けられる。きっと詳しく調べていけばよい結論が出せるはずである。

また、屋外でしか保管できなかったり、メンテに自信が無かったりする自転車乗り失格気味の私には、これくらいの自転車から入る方が現実的なのかもしれない。というわけで次回からは「ロード風バイク」について細かく見て行きたいと思う。

 

 

スポンサーリンク



RECOMMEND こちらの記事も人気です。