iPhone6Plusに機種変更して後悔してる話

2014年9月にiPhone6Plusが発売され、悩みに悩んだ挙句9月中には手に入れた。購入前はサイズ感がイマイチわからず、ネットからモックアップ用の台紙をダウンロードして作ってみたり、「ガーナチョコと同じサイズ」なんて言われたのでガーナチョコの空箱を耳に当てて試したりしていた。

post-1791

 

スポンサーリンク

 

そもそもiPhone6Plusを購入した理由

私がディスプレイサイズの大きいiPhone6Plusを購入したのは以下の理由からだ。

  • 動画を大きな画面で見たい
  • 電子書籍を大きな画面で見たい
  • iPadの代わりにしたい

当時の私は4インチのiPhone5では画面が小さく感じ、何をするのにも「もっと大きかったらなあ」と感じていた。それはiPad miniの購入を考えたほどである。そんな時にディスプレイサイズの大きなiPhoneが発売されると聞き、携帯電話としては大きいと思われる端末サイズは置いておき、購入に踏み切ったわけだ。

 

大画面にはそれほどメリットはなかった

デカくて重いのは大きなデメリット

そんな大きな期待を抱きながら発売日から少し遅れてiPhone6Plusを手にしたわけである。まず当時も感じたのがそのデカさと重さ。とうてい怖くて裸で持ち運ぶことはできなかった。手帳型のケースを購入してフック代わりにして落下を防いだ。おかけで「iPhoneは裸で持つ」という私のポリシーも打ち砕かれてしまった。

片手で操作ができないのは大きなストレス

ホームボタンダブルタップでの「片手モード」など代替手段は用意されていたものの十分ではなく、iPhone6Plusを片手で操作することは不可能だった。電車内でつり革につかまったまま操作ができないし、座ってても両手操作が基本である。これは想像していた以上にストレスであり、日々イライラは募っていったのだ。

大画面でも見やすさ・読みやすさは感じない

端末の大きさに目をつぶってでも大画面の効果を期待していたが、動画・電子書籍ともに大きなディスプレイであることのメリットはそこまで感じられていない。いや、大きくて確かに見やすいのですよ。でもそこまででもないというか…。それとそもそも論なのですが、、、私は携帯で動画や電子書籍をみるタイプではなかったのだ。どちらもMacBook Airで見たり読んだりしてしまっている。

 

iPhone6Plusにして後悔している…

つまりは大画面のメリットに対してデメリットの方が格段に大きかったわけだ。やっぱり最大のデメリットは端末が大きすぎて落下の心配がつきまとうこと。そしてGパンのポケットに収まらないことも地味に大きい。いくら動画が見やすくとも、電子書籍が読みやすくともそれを打ち消すほどの恩恵は受けられていないように感じている。次回、iPhone7発売時にはたとえPlusが同時発売されたとしてもそれを選択することはないと思う。それほど私はiPhone6Plusを購入して後悔している。

 

間もなく新型iPhoneが発表になるとのこと。機種選択の動機は人それぞれだろう。大きさの人もいれば、容量の人もいるし、色って人もいるだろう。2年に1度しか買い換えることができないので、どうか私のような後悔をしないような選択をして欲しい。

 

スポンサーリンク