大凧マラソン大会にエントリー! ―ハーフマラソン完走のためのトレーニング 14日目―

ハーフマラソンを完走するためのトレーニングの14日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

7km

 

スポンサーリンク

 

 

今日のトレーニングメニュー:7km LSD(LongSlowDistance)

LSD(LongSlowDistance)とは
長い距離をゆっくり走る練習のこと。一定のスローペースを保って長時間走ることで有酸素運動の能力をアップさせることを目的としている。1分あたり7-8分と会話が出来るほどのゆっくりとしたスピードで長時間走るようにする。

1週間ジョギング・ロードバイクを完全に絶ってみて、ようやく腰の痛みと違和感が解消されてきた。というわけで本日よりジョギングを再開する。それでも固い路面を走るロードワークは腰への衝撃が高いと思われる。今回に限らず慢性的な腰痛に悩まされつつあるので、今日からZAMSTの腰用サポーターを試してみることにした。腰の痛みや違和感は翌日に出る傾向が強いので、ZAMSTのサポーターについては別途日を改めてレビューすることにする。

腰への恐怖感がまだかなりあったので、今日はゆっくり走るLSDを選択し、距離も短い7kmとしてみた。当面はあまり負荷のかかるトレーニングはせずに様子を見ながら身体と相談しながら走っていくことにする。いざ走りだしてみると、、、サポーターは効いているようで腰がかなり安定した。これならそれなりの効果が期待できるかもしれない。それにしてもゆっくり走るのって苦手だ。一週間休んだだけあって体は軽かったが、前述の理由からあえてスピードをセーブして走った。なかなか前に進まずストレスとなり逆に疲れたような気がした。

気になる腰はというと、最後1kmで少し違和感があったが、帰宅してサポーターを取ってみるといつもよりも腰が軽いような気がした。あとは明日問題がないようであれば「サポーター効果あり」と言えそうだ。

 

今日の結果

  • 走った距離
    7.07km
  • タイム
    00:41:40
  • ラップ
    1.0 km 06:19 min/km – –
    2.0 km 05:53 min/km – 5 m
    3.0 km 05:40 min/km – –
    4.0 km 05:45 min/km 5 m –
    5.0 km 05:50 min/km 3 m 5 m
    6.0 km 05:48 min/km – 1 m
    7.0 km 05:38 min/km 6 m 1 m
    7.07 km 10:23 min/km – –

 

第28回大凧マラソン大会ハーフの部にエントリー!

そして2年連続で大凧マラソン大会への出場を決め、先日RUNNETより無事にエントリーが完了した。大凧マラソンといえば、昨年私が生まれて初めて参加した市民マラソン大会である。この大会に参加することでマラソンの楽しさを実感し、その後のモチベーションとなったのだ。だから迷うことなく今年も同大会に参加することを決めた。

さらにさらに、昨年は10kmの部だったが今年はついにハーフマラソンの部にエントリーした。日々ハーフマラソンを完走するためとしてトレーニングに励んでいるわけだが、これでとうとう後に引けなくなったということである。目標を21km完走に定めた上で、残り3ヶ月間トレーニングしていきたいと思う。が、今年に入ってからハーフ目線でのトレーニングは満足にできていない…。昨年末は1000km走破というモチベーションもあって、1回あたりの距離を順調に延ばすことができていたのだが、、、。今年に入ってからは風邪やら怪我やらで距離は10kmにとどまってしまっている。

これはいかん!気がつけば残り3ヶ月である。大凧マラソンではタイムにこだわるつもりはないが、油断していると完走すら危うい。10kmとハーフとでは別物らしいので、腰が完治し次第また大凧ハーフに向けてのトレーニングを再開していくことにしよう。

 

 

スポンサーリンク