自転車のメンテに最適!ダイソーの使い捨てポリ手袋が超絶便利だった件

私はそこまでロードバイクをカスタムするほうではない。というか今のところほとんどしない。チェーンが外れてしまった時とか、先日やむを得ない事情によって車に積むために前後のタイヤを外したくらいである。そんな私でも数少ないロードバイクのメンテナンス作業をする時に悩みがあった。

 

スポンサーリンク

 

 

ロードバイクをいじると手が汚れてしまう…

その悩みというのが、ロードバイクのチェーンを直したり、ロードバイクのタイヤを外したりするとけっこう手がハードに汚れるというものである。それはもう「真っ黒」と言った感じであり、息子が外で遊んでこんな手で帰ってきたら嫁が鬼と化すくらいの汚れっぷりなのである。大人だからどこかのコンビニなどで洗って帰宅はするものの、やっぱり手が汚れてしまうのは衛生上あまり良くないし、その汚れた手でハンドルを握ることにも抵抗がある。最初は軍手でも持ち歩こうかと考えたのだが、サドルバックには入らないくらいの大きさが故に意外とかさばるし、外出の度に軍手を持ち歩いているのもなんだか滑稽に思える。何かいい手はないかといつものようにネット上を徘徊した結果…。

IMG_4619

 

ダイソーの使い捨てポリ手袋が超絶便利だった!

救世主の如く目に飛び込んできたのが、ダイソーの使い捨てポリ手袋だった。ダイソーというのは御存知の通り、100円均一のショップである。そのショップで販売されている、ビニール状の使い捨て手袋だ。早速、近所のダイソーに足を運んで購入してみた。

購入したのはなんと100枚入りだった。一度に両手分で2枚を使用したとしても50回のシチュエーションで使えるということだ。100円でこのコストパフォーマンスは嬉しい限りだ。手にはめて見ると当たり前だがペラペラである。だが、ペラペラであるが故にある程度の細かい作業もできそうである。ビニール素材であるため、チェーンオイルやタイヤのヨゴレ等も地肌につくことはなさそうだ。これであれば自転車の汚れに対して高い防御力を発揮してくれそうである。

IMG_4620

そしてそして最大のメリット。この薄さは軍手のようにかさばることはなく、持ち運びにも重宝しそうだ。ものすごく薄いのとその素材の特性上、張り付いてしまって一枚ごとを剥がすのにややストレスをかんじてしまった。そこで私は1セット(2枚ずつ)を結んでしまった状態にしてサドルバックに格納することにした。こうしておけばその時に使うセットだけをストレスなくピックアップする事ができる。押し込んでしまえば何枚でも入るような気がしたが、ここまでの経験上、そこまで頻繁に使用することもなさそうなので、とりあえず3セットを格納して使ったら補填することにした。

IMG_4621

これで外出時の突発的なメンテナンスの際も手の汚れを気にすることがなく作業ができる。100均で購入できるものなのでコスト的にも安価であるし、使ったら容赦なく捨ててしまっても心理的な負担は少ない。もっと早くこのアイテムに気づけば良かった。近所にダイソーがなければAmazonでも類似の商品は飯米されているみたい。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。