コンデジ購入計画vol.5 ーカメラのキタムラでG1Xを上限価格で買取する方法ー

新年明けましておめでとうございます!今年もEASY REVIEWをよろしくお願いいたします!新年一発目は年末から引き続きの「コンデジ購入計画」です!

14165516671_114d6f63ed_z

さてさて。ここまで購入すべきコンデジの検討を重ねてきた。前回までにSONY RX100という機動力抜群のカメラとRICOH GRというかっこいい写真を撮れるカメラの選択まで絞り込むことができ、両者を比較した結果RICOH GRに軍配が上がった。私はRICOH GRを購入することに決めたわけなのだが、その前にしなければいけないことが1つあった。

スポンサーリンク

先代のコンデジを売却し資金源にする!

しなければいけないこととは他でもない先代であるコンデジのCanon PowerShotG1Xの売却だ。私が写真を趣味にすることのきっかけとなったカメラだし、思い入れは強いもののいかんせんその機能に不満が募り、今回の購入計画へと踏み切った次第である。使いみちがあるならば手元に残しておくことも選択肢ではあるが、最短撮影距離が20cmであるG1XをGR購入後も使用するとは考えにくい。であれば、この機会に思い切って売却してしまおうと思い立った。そうすればGRのための購入資金にすることもできるため、少しでもいい状態のGRを手に入れることが可能となるのだ。

いくつかのサイトを例によって徘徊する。マップカメラを含めてこのご時世全国各地にある中古カメラショップが買取をWEBサイト上で行っているため、選択肢は非常に多い。そこから信頼性が高く、できるだけ良い条件で買取してくれるところを探した。ふと目に止まったのがいつも使用しているカメラのキタムラのネット中古に踊る「トクトク買取」だった。

 

カメラのキタムラで上限価格で買取して貰う方法とは?

トクトク買取の付近には「上限価格での買取」のキャッチコピーがある。詳しく説明を読んでみると一定の条件を満たしていれば、コンディションに関わらず、その時のネット中古の上限価格で買い取ってくれるとのことだった。

上限価格で買取可能な条件

それでは上限価格で買取を可能にする条件とはどんなものだろう。こういったキャンペーンってだいたいが食いつかせるだけ食いつかせておいてハードルの高い条件を提示し「やっぱり無理です」っていうことが多い。だから今回もあまり期待せずに条件を確認する。

【対象】
ネット中古サイトから「直送買取」にてお申込みいただいたお客さま全員
※店頭での買取は対象外となります。

【対象外】
重要付属品欠品(バッテリー・充電器など)、目立つへこみ、動作不良・カビ・クモリなど、当社で難ありと判断したもの

なんと!全然ハードルは高くない。つまりはネットで申し込んで、付属品に欠品がなくて動作に問題がなければ多少の傷などは問題ないようだ。これならいける。幸いにも付属品は買ったときのまま元箱に入れてしまってある。だから全てが揃っている状態だ。唯一気になるのはバッテリー。購入時の純正バッテリーもあるものの、すでに劣化してしまいほぼ使い物にならない。代わりに純正ではない↓のようなバッテリー(こっちは使える)を添えることで上限価格買取は可能なのかor否かということが今回のポイントとなった。

 

トクトク買取の申込方法

1.ネット中古で査定

まずはネット中古の査定画面で手持ちのカメラを査定する。入力フォームの項目に沿って対象のカメラの状態を打ち込んでいくだけだ。私のG1Xはそれなりに大切に使ってきたため、¥16,470の値がついた。想像していたよりも高額だ。本当にこの値段で買い取ってくれるのだろうか。この査定結果の画面は買取時に必要になるのでプリントアウトしておく必要がある。

2.ダンボールを送ってもらう

査定(見積り)金額に納得がいったら次に買取配送用のダンボールを送ってもらう手配をする。幾つかのサイズから選択ができたが、私は一番小さい「特小(内寸:幅350mm×奥230mm×高180mm)」を申し込んだ。同時にこれでトクトク買取の申込みが完了する。

3.ダンボールにカメラを入れて送り返す

数日後に送られてきたが、正直コンデジサイズには元箱ごと入れても大きかった。空きスペースを緩衝材で埋めるのに苦労した。送られてくるダンボールには注意事項が記載されている紙と、返送用の宅配便伝票が入っている。伝票には宛先も記入済みであるためそのまま箱に貼り付けて送るだけで良い。これで査定申し込みは完了。後はメールで送られてくる正式な買取金額の連絡を待つのみだ。

 

果たしてトクトク買取は上限価格で買い取ってくれるのか?

発送から2-3日で正式な買取金額の通知がメールで送られてきた。実際にはメールの中にURLが記載されていて、そこにアクセスすると買取金額が記載してあるという仕組みだ。前述の通り、付属したものの純正バッテリーが使用不可の状態であり、純正ではないバッテリーを同梱したが、少なからず買取金額に影響があるのではないかと考えていた。¥16,470の見積だったので、数千円マイナスされたとしてなんとか¥10,000に乗ればいいなと。いざURLをクリックしてみるとそこに書いてあった金額は、、、

¥16,470

なんと事前の見積もり金額通り、本当に上限で買い取ってくれた。バッテリーの件も、使えずとも純正品を入れたからなのか、純正品ではないが使えるものを入れたからなのかは定かではないがお咎めなしの模様。こういった買取サービスってホントに極限まで下げた金額を提示してくるのでこれは少々意外だったし、素直に嬉しく思った。思いの詰まったG1Xもこの価格であれば本望であろう。願わくば次のオーナーにも大切に使われて欲しい。さて、これでGR購入の準備は整った。あとはできるだけ状態のいい中古をできるだけ安い価格で探すこと。しばらくはマップカメラとキタムラのサイトに張り付くことにしよう。

 

コンデジ購入計画vol.1 ー恐るべしその機動力!SONY Cyber-shot RX100シリーズー
コンデジ購入計画vol.2 ー最強のスナップカメラ!RICOH GRシリーズー
コンデジ購入計画vol.3 ーCanon Gシリーズ後継機を候補に含めない理由ー
コンデジ購入計画vol.4 ー最強決定戦!RICOH GRシリーズ vs SONY RX 100シリーズー
コンデジ購入計画vol.5 ーカメラのキタムラでG1Xを上限価格で買取する方法ー
コンデジ購入計画vol.6 ーカメラ歴3年半の私がRICOH GRを購入した7つの理由ー

 

スポンサーリンク