レンズが増えてきたから本格的にカメラバックの購入を考えてみる!

IMG_0223

年末にひっそりと広角レンズを買いました!正確にいうと嫁さんに買ってあげました。一応名目上は嫁さんのものなので、なかなか使う機会もなく、ブログでレビューすることができない状況なのです。ですが、この広角レンズ購入により、少し手持ちのレンズが増えてきたというのも事実です。

スポンサーリンク

被写体や状況によってレンズを交換して撮りたい!

  • EF50mm F1.8 STM
  • 18-200mm F/3.5-6.3 Di II VC
  • EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM ←NEW

今回の広角レンズの購入によって、私が所有しているレンズは合計3本となりました。さらには息子のイベント用として、300mmほどの望遠レンズ購入も視野に入れています。これだけレンズが増えてくると選択肢が広がると同時に悩ましい問題が生じることになるのです。

先日公園に写真を撮影しに行ったのですが、その時は「ボケた写真」が撮りたくてEF50mm F1.8 STMのみで臨みました。しかしながらEF50mm F1.8 STMは単焦点レンズであり、画角もかなり限定されます。公園にはいろいろな被写体があり、「ここは広角で撮りたい」「ここは寄って撮りたい」というような欲求が出てくることになり、EF50mm F1.8 STMのみしか持ち得てない状況はとてもストレスとなりました。それは便利ズームと呼ばれる18-200mm F/3.5-6.3 Di II VCの場合でも変わらずで「もっと広角で」と思う時はありますし、「もっとボカしたい」時もあるのです。それを考えると、レンズ一本で撮影に臨むのではなくて、被写体や状況によってレンズ交換ができるように、複数のレンズを持参したほうが楽しく写真が撮れるんじゃないかって思うようになったのです。

カメラバッグの購入を真剣に考えてみる!

私はNINJAストラップを少し改造したものを使用してカメラは斜めがけして持ち歩いています。カメラを裸で持つことがこだわりで、自宅を出発してから撮影地に行き、さらに帰宅するまでカメラは常に裸の状態でした。カメラバッグ?ありえないし!という考えだったのは事実です。しかしながら上記で書いたように一眼レフの魅力がわかるにつれて一本のレンズだけでは物足りなくなってきたのです。そこでカメラバッグです。

NINJAストラップを改造してレンズが下を向くようにした!

2015.06.23

常にカメラを持ち歩くということも大切

ちょうど休日用に使っているバッグ(カメラバッグではない)がヘタってきているのでそれに替わるバッグをカメラバッグで検討してみようかと思っています。休日お出かけ用のバッグがカメラバッグであれば、常にカメラを持ち歩くことが可能となります。やっぱり、カメラを持って出かけるってことは大切だと思います。いつどこで絶好のシチュエーションに出会うかはわからないですし、偶然の中にこそ良い被写体があったりします。「重いから」とか「持ち運びにくいから」という理由でカメラを自宅に置いて出かけることはとてももったいないことだなあと。カメラバッグがあればそんな問題も解消してくれそうです。

だとすると、写真愛好家のみなさんが使っているようなカメラバッグではなく、少しカジュアルでそのバッグで街を歩いても違和感がないものである必要がありますね。さらには使いやすさ、特にカメラやレンズの取り出しやすさも重要なポイントです。せっかくカメラ持って出かけたのに、出しにくいから入れっぱなしっていうのは本末転倒ですので。となると↓この辺が候補になってくるかなあ。

交換レンズの収納本数だったり、できればRICOH GRも持ち歩きたいし、さらには財布とか小物も入らなきゃダメですね。そんな視点で、いつでもカメラやレンズを持ち運べるようなカメラバッグを探してみることにしました!

いつもカメラを持ち歩く!PORTERのTANKER CAMERA BAG Lサイズをレビュー!

2017.04.21

普段使いでも違和感なし!?カメラをイメージさせないブランドのおしゃれなカメラバッグ3選

2017.04.06

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。