普段使いでも違和感なし!?カメラをイメージさせないブランドのおしゃれなカメラバッグ3選

6935b31778bafbaa90cbd4cc223ae54e_sカメラバッグが欲しい!と思い立った。思い立った理由は↓こちらの記事に書いたのでぜひぜひご参照を。私の悪い癖で「欲しい!」といったん思ってしまうとそればかりを考えてしまう。今回はここ最近いつも考えているカメラバッグのお話。

いつもカメラを持ち歩く!PORTERのTANKER CAMERA BAG Lサイズをレビュー!

2017.04.21

レンズが増えてきたから本格的にカメラバックの購入を考えてみる!

2017.03.24

スポンサーリンク

求めるカメラバッグの条件

そもそも私がカメラバッグを買いたいと考えたのには理由が2つある。ひとつはボディと一緒に複数のレンズを持ち歩くことで撮影の幅を広げたいということ。もうひとつは常時持ち運ぶことで撮影の機会を増やすということ、である。つまりは私がカメラバッグに求める要件として以下が必須ということになる。

  • いつでも持ち歩くために普段使いで違和感のないデザイン
  • カメラやレンズが出しやすい構造であるということ

いつもカメラバッグ=カメラを持ち歩くということは持ち運びやすく、かつ私が外出する時の服装にマッチしたデザインであることが必要となる。これがひとつ目の条件。さらにはそこからカメラを出しやすい構造でないとせっかくカメラバッグを買ったのに出すのが億劫になって結局シャッターチャンスを逃してしまい本末転倒だ。だからカメラを出しやすいバッグである必要がある。まずは①の条件でカメラバッグを探してみて、そのバッグがカメラを出しやすい作り②であるかをみていくことにしよう。

カメラをイメージさせないブランドのカメラバッグ3選

そしてもうひとつ今回はこだわりが。それはカメラ=写真をあまりイメージさせないようなブランドに絞ってみようかと。つまりはより普段使いがしやすいブランドということ。ただ単にカッコイデザインというだけでなく中を覗かなければそこにカメラが入っているとは想起させないようなブランド・メーカーでピックアップしてみた。

Manhattan Portageのカメラバッグ

まずはひとつめはManhattan Portageのカメラバッグだ。ブームは去った感はあるものの、少し前の若い世代はみなManhattan Portageのバッグを背負っていた。街ナカでよく目にする(した)バッグであり、あまり「カメラ用」というイメージはなさそうである。Manhattan Portageの強みであるメッセンジャー風のバッグには一眼レフのボディーが一つとレンズが2本ほど入りそうだ。ミラーレスカメラやパンケーキレンズであれば3本いけるかも。ポケットも充実していて、財布や小物などの収納にも困りそうにない。が、ひとつこのバッグには弱点がある。それはメッセンジャーバッグ特有のバリバリバリと奥から体の方向に向けて空けるタイプのバッグの蓋であるということ。

メッセンジャータイプのバッグなので背中に背負う感じで使うことになるが、このバリバリの蓋だとバッグをお腹側に持ってきたとしても中からモノを取り出しにくい。当然だ、視界はバリバリの蓋で遮られ中を視認することができなくなる。私はロードバイクに乗るのでメッセンジャーバッグはいくつか持っているが、はっきり言って中のものは取り出しにくい。いったん肩からバッグを降ろして置いた状態であればもちろん問題はないが、撮影時に瞬時にカメラやレンズを取り出すとなるとやや不安が残る。

THE NORTH FACEのカメラバッグ

いやーカッコいいっすね、NORTH FACEのカメラバッグ。アウトドアブランドであるNORTH FACEにはカメラのイメージは薄い。アウトドアのブランドながらのその洗練されたデザインでオシャレ感も抜群である。私も冬用のアウターやジョギング用のキャップでお世話になっている。そんなNORTH FACEのカメラバッグは期待を裏切らないカッコよさである。

アウトドア用であるため、ポケットも多彩だし、使い勝手は良さそうだ。が、このカメラバッグには致命的な問題が…。そう、見てわかるようにボディに加えてレンズは1本しか入れることができない。ボティにレンズを付けたまま使用するカメラバッグのようだ。今回のカメラバッグ選びの要件として、レンズが交換できるように複数入るものである必要がある。1本だけでも可という条件であれば間違いなく購入候補上位に食い込むと思われるが、今回は残念ながら外すことにした。

PORTER TANKERシリーズのカメラバッグ

最後は個人的に大好きなPORTER TANKERシリーズのカメラバッグだ。言わずと知れた吉田カバンを代表するシリーズからもカメラバッグが発売されている。SサイズとLサイズがあり、Lサイズであればボディに加えてレンズ2本の収納が可能である。さすがの吉田カバンでありポケットも充実していて小物の収納にも困らなそうであり、普段使いにはバッチリだ。注目すべきはその蓋の部分だ。メッセンジャーバッグとは異なりバリバリタイプではない。それどころか、手前(体側)から奥に向けて蓋を開くタイプであるため、これだとカメラやレンズが取り出しやすいんじゃないかと思われる。

この蓋の形状にとても興味を惹かれた。もともと大好きなブランドだし、今使っている普段使い用のバッグもPORTERなのでそれに代わるバッグとしては申し分ない。だから第一候補として近くのPORTERを取り扱っているショップに出向いたものの、在庫がどこにもなく実物に触れていない状況だ。見た目だけではなくて、出しやすさ/持ち運びやすさ=機能性も重視したいので、今回に関しては実物を見てから判断して購入するつもり。ただ、現時点では第一候補であることに変わりはない。

というわけであまり「カメラ」のイメージはないブランドのカメラバッグを3点ほどピックアップしてみた。まあ、ホントの意味での機能性を考えるのであれば、それ相応の「どこからどう見てもカメラバッグ」という製品を選ぶのがベターだとは思う。が、いつでも持ち歩きたいし、せっかくなら自分のお気に入りのバッグを抱えて気持ちよく撮影したいし。カメラバッグ導入でシャッターチャンスが増えるといいなあ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。