国産の雄!khodaa bloom FARNA 700-105 ー2台目のロードバイク購入計画ー

Farna700105_BLBK

ロードバイクの買い替え計画も今回で6回目。お金も貯まってきたのでいよいよ購入に向けてリアルになってきた。車種を考えるのはもちろん楽しいが、最近じゃこのタイミングで周辺機器も買い換えようと目論んでいてそれを考えるのもまた楽しい。

khodaa bloom FARNA 700-105を採点!

今回取り上げて採点するのはkhodaa bloom FARNA 700-105のだ。いつもと同じくコンポーネントが105ベースのアルミロードバイクである。ただ、ここまでに登場してきたGIANT、Cannondale、SPECIALIZEDなどと比べるとkhodaa bloomの知名度はやや低いって感じなのかな?なぜその知名度の低いメーカーを選択したのか。そう、このkhodaa bloomは私が今乗っているロードバイクMomentum iWant R-1と同じメーカーホダカ株式会社が開発しているロードバイクなのだ。

埼玉県に籍をおく純ジャパニーズのメーカーであり、さいたまサイクルエキスポにはドでかい出展ブースを毎年構えているメーカーでもある。そんなホダカのkhodaa bloomをなぜ選択したかというと、言うまでもなくiWant R-1が良いロードバイクだったからだ。「それはロードではない」とか「iWant?なにそれ?知らない」という人もいるかもしれないが、乗っている本人からすれば紛れもなく素晴らしいロードバイクであり、乗ったことのない人にとやかく言われる筋合いはないのだ。そんなホダカのkhodaa bloomを採点していってみよう!

条件1:重量が10kg以下であること <14点>

ホダカのコンポ105ベースのFARNA 700-105の重量は公式サイトによると8.8kgとのこと。ここまで取り上げて来た車種の中では8kg台後半はやや重たい印象ではあるものの、評価が下がるほどのレベルではなく、iWant R-1に比べればおよそ3kgも軽いということになる。さすがホダカの誇る上位グレードのロードバイクといったところか。それでも他メーカーの車種との比較となるため、残念ながら14点といったところか。

条件2:価格が15万円以下であること <9点>

FARNA 700-105の価格は公式ベース/2017年9月時点で¥155,000。採点基準は予算である¥150,000を10点としているが、それに対してわずかに5000円オーバーであるため、1点マイナスで9点となる。まあ、ほぼ15万円と考えていいし、予算に収まると考えてもいいだろう。問題は予算に対してどれだけのスペックを積んでいるか。ライバルたちがそれ相応のコストパフォマンスを発揮しているだけに気になるところだ。

条件3:ワイヤーがフレームの中を通っていること <20点>

国産メーカーのホダカのロードバイクであったとしてもワイヤーの中をフレームが通っている点では変わりなかった。やはりこの価格帯の105ベースのロードバイクであれば、この仕様は原則といったところか。注目はワイヤーがフレームの中を通っていることよりもそのワイヤー自体が細く見えるという点だ。まあ、写真ベースですが…。やや細身のフレームは他のメーカの同価格帯の車種に比べてやや違った印象をもたらしているかな。

条件4:コンポーネントがSHIMANO 105以上であること <19点>

そして前段でも触れたスペック=コンポーネントを見ていこう。公式サイトのスペック欄を見てみると「FARNA 700-105」なんて言っているくせに「105」の表記が全然ないじゃないか!騙されたと思うのはまだ早い。どうやらここにある「5800」というのは105のことを指すようだ。105=シリーズ名、5800=105シリーズ内のモデルナンバーということらしい。となるとディレイラー、シフター、ブレーキにギアとふんだんに15シリーズが使用されている。これはなかなかのスペックではないかと。よって高得点19点としておこう。

F.ディレーラー: SHIMANO FD-5800-L
R.ディレーラー :SHIMANO RD-5800-L
シフター :SHIMANO ST-5800
ブレーキセット:SHIMANO BR-5800
ブレーキレバー:SHIMANO ST-5800
ギア:SHIMANO CS-5800 11-28T

条件5:その他のオプション査定 <5点>

最後はその他の部分で気になる点。iWant R-1と同じホダカ社製と言っても近隣に取り扱っているお店はなく、購入後のメンテナンスにやや苦戦を強いられそうな印象だ。さらにはkhodaa bloomというブランドも心もとない。今回は「This is Road bike」というブランドを求めているため、そういった部分だとどうしてもここまでに登場した他メーカーに劣ってしまうかなと。デザイン等の見た目にもこれらを補填する要素はなく、残念ながらネガティブな印象が多くなってしまった。唯一iWant R-1の実績のみがプラスポイントではあるが、オプション査定ではそこまでの点数を稼ぐことができなかった。

khodaa bloom FARNA 700-105の合計点は67点!!

価格とスペックからなるコストパフォマンスは抜群だし、MomentumのiWnat R-1を2年強乗ってきたユーザーとしてはホダカ社の品質もそれなりに信頼できるとは思う。機能等から見たロードバイクとしては十分に評価に値するし、間違いなくオススメできる一台だと言える。が、残念ながら今の私の中ではそこまでテンションを上げることができなかった。本文中でも触れたが、今回のテーマのひとつに「This is Road bikeでありたい」というのがある。要するにトリッキーな選択をせずに、超王道で格好付けたいのだ。どこに出ていっても納得ができるメーカーに拘りたい。品質面での恩恵はiWant R1で十分に頂いたし、ホダカの品質も十分に体感したつもりである。だから今回の選択肢からは残念がら外すことになるかな。ただ、ロードバイクとしてはとてもオススメな一台だとは思う。

名は体を表すのか?!!SCOTT SPEEDSTER 10 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.04.13

重量なんと7.9kg!GIANT TCR SLR 2 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.03.30

 

スポンサーリンク

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。